太陽光発電:自然災害保険の内容

新着記事

こんにちはアパッチです。

太陽光発電の自然災害による補償!

自然災害保険について紹介したいと思います。

最近の日本・・・

災害続きで何かがおかしい・・・

いつ何時、何が起きてもおかしくないです。

我が家は大丈夫!

この地域は未だかつて災害は起こっていない!

・・・なんてことは、言えなくなってきました。

記録的な豪雨!

地震!

津波!

河川の氾濫!

土砂災害!

何が起きてもおかしくありません。

こんな時に災害保険に入ってれば

ちょっとは安心できるはずです。

太陽光発電の災害保険は

どのような内容になってるか

紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

太陽光発電の災害保険とは

自然災害保険は購入者個人で入る保険ではなく、

設置業者が任意に加入する保険です。

台風などの自然災害による被害をカバーするには

自然災害保険に加入している太陽光発電の

設置業者から購入する必要があります。

住宅の火災保険などで、太陽光システムも

盛り込まれる場合もありますので、

火災保険の契約の際には、

詳しく尋ねてみてはいかがでしょう!

また、太陽光システムメーカーにも

自然災害保険が付いてるメーカーもあります。

自然災害補償の中身

自然災害補償は保険会社との提携商品であり、

一番多くのメーカーと提携しているのは

東京海上日動火災保険株式会社です。

なので、ほとんど保険の内容はどこも同じです。

・火災

・落雷

・破裂または爆発

・風災(台風や暴風雨等)

・雹災(ひょうさい)

・雪災(豪雪・雪崩など)

・水災(洪水・高潮・土砂崩れ等)

・建物外部からの物体の落下、飛来、衝突または倒壊

ちなみに地震や津波は保険対象外です。

地震による、土砂災害などは

もしかすると対象外になってしまうのかも?

建物外部からの飛来や衝突が適用されそうですが・・・

難しいかもですね・・・!

まとめ

自然災害はいつ起こるかわかりません。

自然災害保険に入ってない設置業者は

論外です。

まずは、自然災害保険に加入してる業者選びが必須です。

まあ、どことも入ってると思いますが・・・

ただ、地震・津波・噴火の3点が

対象外なのは残念なところです。

住宅の火災保険・地震保険に組み込めれば

なんの問題もないですが・・・

って言っても、最近、集中豪雨や河川氾濫など

被害が多くみられます。

太陽光発電システムは家と同じで、

長い間付き合っていかなければなりません。

安心して付き合うためにも自然災害保険は必要です。

より良い業者選びをして下さい。

最後まで読んで頂き有難うございます。

応援宜しくお願いします。

▼こちらは太陽光を導入する時にお世話になった比較サイトです▼





2017年度の太陽光設置のメリット・デメリットを紹介しています。


2009年から始まった固定買取制度(FIT)が2019年で10年を迎えます。
太陽光を設置してからの10年後が明らかになるときです。
是非注目していきましょう。

2017年の発電記録まとめ記事です。

2017年メーカー別の特徴をまとめました。

売電量(売電比率)を増やす方法を紹介しています。

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
△ポチッと応援お願いします。△
※Ctrlボタンを押しながらクリックするとリンク先に飛びません
 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする