太陽光発電を設置した経緯 Vol.③

新着記事

アパッチです!

我が家が太陽光発電を設置した経緯を

紹介します。

前回、ハウスメーカーが決まったところまで

紹介しましたので、その続きを・・・

太陽光設置の経緯 Vol.②

スポンサーリンク

タマホームと契約

ハウスメーカーが決まったと言う事で、

毎週のようにタマホームに・・・

一番時間が掛かったのが、

間取りです、一番慎重に考えました。

豪邸じゃないので、

スペースを有効に使えるよう考え、

提案して頂き、タマホームで毎週2~3時間、

家でも、話題は間取りの話ばかりでした。

1ヶ月以上間取り決めに時間を費やし、

屋根の形状・種類から、外壁の色、

すべて自分達で決めないといけません!

間取りが決まったら、

ついに、タマホームと契約です!

後悔

契約すれば、変更は出来ません!

その時は、考え抜いた間取り・外観に対して、

何の迷いもありませんでした。

その時は・・・

実は、この時、太陽光発電を設置する

つもりじゃなかったので、

屋根形状は寄棟で考えてたんです。

太陽光にはあまり向かない屋根の形です。

yjimage

この前に、太陽光発電について、

もう少し詳しく勉強していれば・・・。

太陽光発電の設置を考えてたら、

片流れにしてたと思います。

片流れ屋根の書き方05

今でも、片流れ屋根に

してればよかったと後悔してます!!

太陽光に興味を持った時期

太陽光発電について興味を持ったのは、

屋根が完成した後です。

・・・遅すぎですね。

でも、太陽光は諦めきれませんでした。

せっかくの南向きの家やし、

この時は、さえぎられるものが無かったので、

太陽光は諦めきれませんでした。

ネットで太陽光発電の勉強をしました。

クチコミや太陽光発電の相場や抑制や系列等々。

この勉強が、後に役立ちます・・・

結局、太陽光に興味を持ったまま、

新築の我が家は完成を迎えました。

2014年10月末完成です。

2つ目の誤算

家が完成する前の出来事・・・

我が家を含めて、

8軒の家が新築で家を建ててます。

道路を挟んで4軒ずつです。

全然気にしてませんでした・・・

電柱の事を・・・

土地を購入する時は全然話も無く、

図面を見ても、電柱の記載など

一切なかったのですが、

今になって、電柱が我が家の斜め前に・・・

不動産屋に抗議するも、全くダメで、

NTTや四国電力に電話しても、

もちろん聞き入れてくれません!

もし電柱が来るのが解ってたら、

隣の土地を買ってたのにと

2回目の後悔です!

仕方なく、受け入れました!!!

四国電力は良くしてくれて、

我が家の家の前だけ、

鳥よけの対策を厳重にしてくれてます。

無料比較見積り

電柱が来ても、陽当たり良いのは

変わりません!

ただ、季節と時間帯によれば

若干、屋根に影が出来るくらいです。

太陽光発電の設置は諦められず、

ついに動き出しました!

まずは、見積りを取ることに・・・。

ネットを見ると太陽光の相場は

何となくわかりますが、

地域によって、誤差は有ります!

徳島は田舎なので、相場も上がるはず!!

まずは、「タイナビ」って言う

一括見積りサイトに登録して、

一括見積りをとりました。



入力は簡単で、連絡先と屋根形状や要望など

必要事項を入力し送信すると、

5分以内に電話が・・・

結果、見積りが出て来たのは3社のみ。

5社以上、見積りが出て来ると

思ったのですが、

徳島の田舎町ではそんなものですね!!

あまりにも少ないので、

他の比較サイトや個々でも

見積もりをとりました。

有名なところは取りましたね。

結果、全部で12社ぐらいからの

見積りをとりました。

最終候補に残ったのは、3社だけです。

 

まとめ

12社の見積りを取って、

最終候補に残ったのは3社のみ!

土俵にも上がらない業者もありました!

この時、比較見積りの重要さを

思い知らされました!

見積りの差額は

60万円近くあったのですから!

もし比較見積りしてなかったら、

60万高く設置した可能性はあります!

皆さんも気を付けて下さいね!

次回は

太陽光発電の業者決定と施工について

をお送りします!

太陽光設置の経緯 Vol.④

最後までよんで頂き有難うございます!

これからも応援宜しくお願いします!!

太陽光設置の経緯 Vol.①

太陽光設置の経緯 Vol.②

▼こちらは太陽光を導入する時にお世話になった比較サイトです▼



太陽光発電の一括見積もり

2017年度の太陽光設置のメリット・デメリットを紹介しています。


2009年から始まった固定買取制度(FIT)が2019年で10年を迎えます。
太陽光を設置してからの10年後が明らかになるときです。
是非注目していきましょう。

2017年の発電記録まとめ記事です。

2017年メーカー別の特徴をまとめました。

売電量(売電比率)を増やす方法を紹介しています。

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
△ポチッと応援お願いします。△
※Ctrlボタンを押しながらクリックするとリンク先に飛びません
 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする