太陽光発電を設置した経緯 Vol.①

新着記事

アパッチです。

今では、住宅の屋根に

太陽光発電のモジュール(パネル)を

載せてる家庭はよく見かけるように

なりましたが、

当時、我が家が太陽光発電を設置する時は、

今みたいには、太陽光発電を設置してる住宅は

あまり見かけませんでした。

田舎と言う事もあったと思いますが・・・

今からだと5年前になりますが、

当時の事を振り返りながら、

我が家が太陽光を設置した経緯を

紹介していきたいと思います。

これから太陽光の設置を考えてる人は、

参考になると思いますよ!

スポンサーリンク

太陽光発電を設置しようと思ったキッカケ

太陽光発電の設置を考えたのは、

ネットがキッカケでした。

いや、家を建てたのが一番のキッカケですね!

なので、まずは家を建てたキッカケについて

紹介していきたいと思います。

家を建てたキッカケ

当時、親父の持ち家(築34年)に

住んでいたのですが、

「そろそろ自分達の家を建てたいね」って

夫婦でよく言ってました。

って言うか、よく言われてました・・・

でもその時は収入も少なく、

無関心って言うのもあり、

右から左に受け流していました。

そういったやり取りが暫く続いたのですが、

ある日曜日、新聞を見ていると、

土地の広告がデカデカと載っており、

「嫁がこれ見たらまたうるさいだろな~」と

思った矢先です。

「この土地何処らへん」って後ろから声が・・・

嫁が後ろから覗き込んできました。

新聞を詳しく見てみると、掲載せれてる土地は

家の近く、価格も相場より2割ぐらい安く

掲載されてました。

興味のない私は早く次のページを

めくりたかったですが、

嫁が喰いつき離しません!

日曜日と言う事もあり、

とりあえず見学だけ行って見ようとの事で

行ったのが命取りでした・・・

一目惚れの土地

土地見学に連れていかれ、

現地に到着すると450坪ぐらいの土地で、

不動産の人が先客を案内、説明してました。

車から降りると、

別の人がすぐさまやってきて、

予定図を渡されたのですが・・・

8区画で南に4軒、道路を挟み北に4軒

て言う構想でした。

1区画が約40~50坪程度の土地で、

真ん中に6m幅の道路が付きます。

もちろん掲載していた価格は

北向きの角の土地です。

嫁は、終始はしゃぎっ放しで、

この場所よりこっちが良いって言ったり、

北向きより南向きが良いって言ったり、

好き放題言ってました。

で、結局・・・

嫁が気に入りました・・・

南向きの土地を・・・

価格を聞くと、一番安い土地より、

坪4.5万円も高い!!!

とりあえず、50坪の予定を

40坪でも良いか聞いてみると、

まだ、予定なので、OKとの事・・・

結局南向きの土地40坪をとりあえず、

内金を払って、押さえました!

この時点ならまだキャンセルは効きます!

が、嫁は前向きに検討してるから、

キャンセルなんてありえないんだろうなぁ~

なんて思いながら帰ったのを覚えています。

まとめ

まずは、太陽光・・・いや家を建てる

キッカケから書いてみました。

次は家を建てるハウスメーカー選びについて

紹介していきたいと思います。

太陽光発電の設置の経緯②

最後まで読んで下さり

有難うございます。

応援宜しくお願いします。

太陽光設置の経緯 Vol.③

太陽光設置の経緯 Vol.④

▼こちらは太陽光を導入する時にお世話になった比較サイトです▼



太陽光発電の一括見積もり

2017年度の太陽光設置のメリット・デメリットを紹介しています。


2009年から始まった固定買取制度(FIT)が2019年で10年を迎えます。
太陽光を設置してからの10年後が明らかになるときです。
是非注目していきましょう。

2017年の発電記録まとめ記事です。

2017年メーカー別の特徴をまとめました。

売電量(売電比率)を増やす方法を紹介しています。

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
△ポチッと応援お願いします。△
※Ctrlボタンを押しながらクリックするとリンク先に飛びません
 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする