太陽光固定買取制度廃止検討

新着記事

こんにちはアパッチです。

「太陽光固定買取制度(FIT)廃止検討」

経済産業省は太陽光や風力など

再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度を

廃止する検討を始めました!

買い取り費用が膨らみ、

国民負担が増大しているため。

2020年度の法改正を目指す。

FITは再エネの普及を目的に12年度に制度が

創設された。

太陽光や風力、地熱、バイオマスなどから

つくられた電気を、電力会社が固定価格で

購入し、その費用は電気料金に「賦課金」として

上乗せされます。

制度によって太陽光を中心に再エネは

拡大したものの、賦課金は19年度に

2兆4000億円まで膨らみ、一般的な

家庭の負担は19年度で月767円となる見通しで、

見直しを求める声が強まっていました。

廃止を検討するのは、

大規模発電施設などによる事業用の太陽光や風力の

買い取り制度。

廃止によって、発電事業者は

自分で売り先を見つけて相対で取引したり、

電力卸売市場で売ったりすることになり、

販売価格も変動する。

市場価格が急落した場合は国が一定の補塡をすることも

検討するとみられる。

家庭用の太陽光については、

買い取り制度を残す方向で調整する方針だ。

【毎日新聞より】

スポンサーリンク

対象は?

固定買取制度が廃止を検討されるのは

大規模発電による事業用の太陽光の買取制度で

住宅用は継続するとの事なので

住宅用太陽光の設置を考えてる方は

安心して下さい。

50kwh未満の産業用も継続されそうです。

対象は50kw以上の事業用の設備!

日経新聞の一文にこんなのがあります。

「今後は、50~100キロワット超の

中・大規模の太陽光や風力の事業者には、

自ら販売先を見つけたり、

電力卸市場で売ったりすることが求められ、

価格は取引先との交渉や市場の状況で

変わることになる。」

ってことは50kw未満の設備は大丈夫ってことだと

思います。

廃止内容

固定買取制度が2020年廃止検討って聞いた時

2020年以降に設置する分から

固定買取制度を廃止し、

現状、固定買取してもらってる分は

継続するものと思ってました。

が・・・

先程の「日経新聞の一文」で

「今後は自ら販売先を見つけたり、

電力卸市場で売ったりすることが求められ」

って事は、固定買取制度が打ち切りになる?

って事でしょうか?

まとめ

「太陽光固定買取制度廃止」

いつかは、このワードを聞くことになると

思っていたけど・・・

住宅用は固定買取制度を残すと言う事なので

まずは、一安心です。

これから動向を注視していきたいと思います。

四国電力では固定買取制度が満了したお客様に

対して、選択肢が発表されました!

これがエグイ内容なので、

次回このエグイ選択肢について、報告したいと思います。

最後まで読んで下さり

有難うございます。

応援宜しくお願いします。

▼こちらは太陽光を導入する時にお世話になった比較サイトです▼





▼こちらは太陽光投資の人気検索サイトと人気販売店です▼

タイナビ発電所 ひなた発電所

2017年度の太陽光設置のメリット・デメリットを紹介しています。


2009年から始まった固定買取制度(FIT)が2019年で10年を迎えます。
太陽光を設置してからの10年後が明らかになるときです。
是非注目していきましょう。

2017年の発電記録まとめ記事です。

2017年メーカー別の特徴をまとめました。

売電量(売電比率)を増やす方法を紹介しています。

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
△ポチッと応援お願いします。△
※Ctrlボタンを押しながらクリックするとリンク先に飛びません
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする