太陽光固定買取期間終了後の四国電力買取プラン

新着記事

こんにちはアパッチです。

四国電力より太陽光固定買取制度が

満了するお客様に対して、

新サービスが発表されました!

新サービスのプランは下記の3つです。


1.「ためトクサービス」

2.「買取プラン」

3.「蓄電池購入プラン」

それぞれどう言うものか見て行きましょう!

スポンサーリンク

ためトクサービス

太陽光で発電し余った電気を1ヶ月あたり最大150kwhまで

四国電力が預かり、当該電力量が自家消費されたものとし、

その相当分を電気料金から割引するというものです。

また、150kwhを超えた余剰電力は1kwhあたり8円で買い取り

その相当分を電気料金から更に割引すると言った内容です。

しか~し、このサービスを受けるには、

月額2700円のサービス料が必要との事です。

時期によって、お得と感じる月とそうでない月に

別れそうです。

それでは、我が家の電気使用量で

計算してみたいと思います。

実際2018年度に使用した電気使用量は

昼(kwh) 深夜(kwh)
1月 429.7 598.5
2月 212.9 469.8
3月 127.0 369.3
4月 93.2 276.0
5月 85.3 262.8
6月 88.2 242.3
7月 155.7 244.9
8月 181.6 245.5
9月 117.9 237.2
10月 104.4 238.3
11月 111.3 317.1
12月 210.2 397.9

ためトクサービスを利用した場合の値引き額

昼(円) 深夜(円)
1月 3996 0
2月 3996 0
3月 3383 253
4月 2482 627
5月 2272 714
6月 2349 682
7月 4795 0
8月 4795 0
9月 3769 354
10月 2781 503
11月 2965 427
12月 3996 0
合計 41579 3560

ためトクサービスを利用した場合の値引き額は

昼間の電気代41,579円

深夜の電気代3,560円

年間合計41,579円+3,560円=45,139円

ためトクサービスは月額2700円の利用料が

必要なので12ヶ月×2700円=32,400円を

引く必要があります。

よって、45139円-32400円=12,739円

の電気代が値引きされます。

150kwh以上は8円で買取りしてくれるので

2018年の総売電量3,876kwhのうち

150kwh×12ヶ月=1,800kwhを引いた値

3,876kwh-1,800kwh=2,076kwhは

1kwhあたり8円で買い取りなので

2,076kwh×8円=16,608円になり

ためトクサービスでの総合値引額は

12739円+16608円=29,347円

となります。

ちなみに固定買取の場合だと売電量3876kwhで

147,288円あったので

10年後ためトクサービスを利用すると

およそ2割に減っちゃいそうです。

買取プラン


買取プランは今まで通り、余剰分の発電を

買取してくれるプランです。

今までと何が違うか?

買取額が全然違います。

38円で売電してたのが、10年後は7円になります。

なので2018年度の売電量3876kwhだと

3,876kwh×7円=27,132円となり

ためトクサービスより年間2,215円安くなっちゃう

計算です。

ただ、この買取プランは電気料金から

引かれるのではなく、

今まで通り口座に振り込んでもらえます。

蓄電池購入プラン

蓄電池購入プランは蓄電池の設置を考えてる

お客様に対して、最適の提案や販売をする

プランなので省きます。

四国電力管轄では、どのプランがお得?

四国電力管轄で10年の固定買取制度が

終了した場合は、トータルでは

ためトクサービスが一番お得と言う結果に

なりました。

年間で2,200円ぐらいなので

電力使用量に左右されると思います。

昼間の電気をほとんど使わないお宅では

買取プランがお得になるかもしれません。

固定買取制度が満了を迎える方は

シミュレーションして、

お得な方を選んでください。

まとめ

四国電力ではショボイプランが提案されました!

せめて売電額が10円ぐらいあってほしかった・・・

売電額は2割になっても、太陽光発電のメリットは

それだけではないですから・・・

電気代が安くなってるし・・・

4kwの設備で年間トータルで5万円以上は

10年後でも稼げそうです。

最後まで読んで下さり

有難うございます。

応援宜しくお願いします。

▼こちらは太陽光を導入する時にお世話になった比較サイトです▼





▼こちらは太陽光投資の人気検索サイトと人気販売店です▼

タイナビ発電所 ひなた発電所

2017年度の太陽光設置のメリット・デメリットを紹介しています。


2009年から始まった固定買取制度(FIT)が2019年で10年を迎えます。
太陽光を設置してからの10年後が明らかになるときです。
是非注目していきましょう。

2017年の発電記録まとめ記事です。

2017年メーカー別の特徴をまとめました。

売電量(売電比率)を増やす方法を紹介しています。

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
△ポチッと応援お願いします。△
※Ctrlボタンを押しながらクリックするとリンク先に飛びません
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする