再可エネルギー促進賦課金上昇(2019年3月4周目発電記録)

新着記事

こんにちは、管理人のアパッチです。

電気料金の項目に

再生可能エネルギー発電促進賦課金

と言う項目は目にした事はありますか?

5年前までは1kwhあたり

0.7円~0.8円ぐらいだったのですが、

年々上がってきており、

現在では1kwhあたり3円近くになっており

現在も上昇中です!

再生可能エネルギー発電促進賦課金とは、

風力発電・太陽光発電・水力発電などの

再生可能エネルギー発電を

普及・拡大させることを目的に、

電力会社が再生可能エネルギーを買い取る際の費用を

消費者が負担するものなんです。

一般では太陽光発電の買取り価格が

電気代に比べて高いのは

皆さんもご存知だと思います。

その買取金額は消費者が負担してるんです。

その再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が

年々増加して行ってるって事は

電気代が年々上がってる事と同じです。

メガソーラーや産業用太陽光で儲けてるのを

消費者が払うって言うのは、受け入れがたいものが

あります。

かと言って、今の体制が変わるとは思えないので

今後の電気料金高騰に伴い

住宅用太陽光発電と蓄電池の組み合わせが

最も有効な手段になるような

そんな気がします。

それでは2019年度3月の

第4週目の発電を見て行きましょう!!!

▽2018年5月現在の太陽光発電の設備金額相場を紹介しています▽

▽太陽光発電を1円でも安く設置する方法を紹介しています▽

▽太陽光発電を容量別に利益額を紹介しています▽

▽太陽光発電を設置した経緯を紹介しています▽

スポンサーリンク

2月の実績

2月のシミュレーション値は282kwです。

2月の総発電量は278.08kwh

2月はシミュレーション値に対して、

3.92kwh マイナス

終了しました。

2019年2月の発電記録 記事一覧です。
よかったら参考にして下さい。

3月のシミュレーション値

3月のシミュレーション値は338kwhです。

シミュレーション値は無事達成しました!

3月はシミュレーション値に対して

47.29kwh余分に発電しています。

3月の発電記録 記事一覧です。
よかったら参考にして下さい。

3月22日~3月28日の実績詳細

3月22日の発電量

3月23日の発電量

3月24日の発電量

3月25日の発電量

3月26日の発電量

3月27日の発電量

3月28日の発電量

3月22日~3月28日の電気使用料

夜間の時間帯・・・23時~7時

昼間の時間帯・・・7時~23時

3月22日の電気使用量

夜間の電気使用量=9.35kwh

9.35kwh × 11.04円=103.224円

昼間の電気使用量=4.08kwh

4.08kwh × 26.64円=108.691

計211.915円(211円)

でした。

3月23日の電気使用量

夜間の電気使用量=15.15kwh

15.15kwh × 11.04円=167.256円

昼間の電気使用量=8.14kwh

8.14kwh × 26.64円=216.850

計384.106円(384円)

でした。

3月24日の電気使用量

夜間の電気使用量=16.76kwh

16.76kwh × 11.04円=185.030円

昼間の電気使用量=6.29kwh

6.29kwh × 26.64円=167.566

計352.596円(352円)

でした。

3月25日の電気使用量

夜間の電気使用量=17.33kwh

17.33kwh × 11.04円=191.323円

昼間の電気使用量=8.76kwh

8.76kwh × 26.64円=233.366

計424.689円(424円)

でした。

3月26日の電気使用量

夜間の電気使用量=12.99kwh

12.99kwh × 11.04円=143.410円

昼間の電気使用量=3.64kwh

3.64kwh × 26.64円=96.970

計240.380円(240円)

でした。

3月27日の電気使用量

夜間の電気使用量=10.27kwh

10.27kwh × 11.04円=113.381円

昼間の電気使用量=4.52kwh

4.52kwh × 26.64円=120.413

計233.794円(233円)

でした。

3月28日の電気使用量

夜間の電気使用量=11.31kwh

11.31kwh × 11.04円=124.862円

昼間の電気使用量=2.90kwh

2.90kwh × 26.64円=77.256

計202.118円(202円)

でした。

例年の電気使用料との比較

3月の過去5年の平均電気使用料は

月約8,518円なので、1日当たりは

8,518円÷31日=約274.774円

274円を基準にすると

3月22日は

例年より63円分の節電です。

3月23日は

例年より110円分の電気使い過ぎです。

3月24日は

例年より78円分の電気使い過ぎです。

3月25日は

例年より150円分の電気使い過ぎです。

3月26日は

例年より34円分の節電です。

3月27日は

例年より41円分の節電です。

3月28日は

例年より72円分の節電です。

この1週間はトータル128円、例年より

電気を使い過ぎました。

3月1日~28日までの実績

発電量=385.29kwh

売電量=297.25kwh

売電額=11,295.50

売電比率=77.15

・電気代削減額(発電-売電×26.64円)

2,345.386円

・経済効果(売電額+電気代削減額)

13,640.886円

・1日平均発電量=13.760kwh

・シミュレーション値達成までに必要な

1日の平均発電量=10.903wh

・シミュレーション値達成率=126.21%

・夜の電気代=378.97kwh(4,183.829円)

・昼の電気代=165.38kwh(4,405.723円)

・電気代合計=8,589.552円(8,589円)

※実際の電気代は上記に基本使用料等が

加算されます。 割引と合わせて、

+1,400円ぐらいです。

それと再エネ発電促進賦課金と燃料費調整額が

1kwhあたり3.18円ほどプラスになります。

過去5年の3月の1ヶ月平均電気使用量は

・夜の電気代=4,436円

・昼の電気代=4,082円

過去5年の3月の1ヶ月電気代最高値は

・夜の電気代最高値=4,986円(2017年)

・昼の電気代最高値=4,893円(2017年)

設置してからの収入額

1,907/3,652日経過 52.22%

総売電額=768,110円/1,338,400円

売電額に対する償却率=57.39%

経済効果額=909,747円/1,338,400円

経済効果に対する償却率=67.97%

まとめ

3月22日(金)~3月28日(木)

1日平均14.75kwhで

1桁発電は22日6.82kwhの

1日だけでした!

20kwhオーバーは無かったものの

19kwh発電した日が3日あり

この1週間は安定した発電でした!

おかげでシミュ値は無事達成する事が

できました!

最後まで読んで下さり

有難うございます。

応援宜しくお願いします。

▼こちらは太陽光を導入する時にお世話になった比較サイトです▼





▼こちらは太陽光投資の人気検索サイトと人気販売店です▼

タイナビ発電所 ひなた発電所

2017年度の太陽光設置のメリット・デメリットを紹介しています。


2009年から始まった固定買取制度(FIT)が2019年で10年を迎えます。
太陽光を設置してからの10年後が明らかになるときです。
是非注目していきましょう。

2017年の発電記録まとめ記事です。

2017年メーカー別の特徴をまとめました。

売電量(売電比率)を増やす方法を紹介しています。</

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
△ポチッと応援お願いします。△
※Ctrlボタンを押しながらクリックするとリンク先に飛びません
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする