2019年問題:蓄電池はあり?(2019年2月3週目発電記録)

新着記事

こんにちは、管理人のアパッチです。

まじかに迫ってきている2019年問題

はたして、電気が売れなければ蓄電池・・・

なんて考えている人も少なくないはず・・・

最近では、新築を建てる時に

そういう提案もあります。

はたして蓄電池は有りなのか?

蓄電池を設置して、電気代を浮かしても

設置費用が高ければ意味がありません。

では、蓄電池の金額がいくらなら設置すべきか?

計算してみましょう。

アパッチ住んでいる徳島での電気代をもとに

計算してみます。

夏季以外の昼間の電気代は

1kwhあたり26.64円/kwhです。

10kw容量の蓄電池で使用率9割とした場合。

1日あたり9kw

夏季・冬季以外は、

深夜電力以外の買電は3~4kwh程度

夏季では5~6kwh程度

冬季では8~9kwh程度の使用なので

残りは深夜電力で使う事となります。

蓄電した電気を使えるのが9kwhとした場合

夏季だと、昼間6kwh、深夜3kwh

冬季だと、昼間9kwh、深夜0kwh

それ以外、昼間4kwh、深夜5kwh

夏季7~9月(90日間)

夏季電気代は31.97円/kwh

昼間31.97×6kwh=191.82円

深夜11.04×3kwh=33.12円

1日224.94円

90日×224.94円=約20,244円

冬季12~2月(90日間)

昼間26.64円×9kwh=239.76円

深夜11.04円×0kwh=0円

1日239.76円

90日×239.76円=約21,578円

その他3~6月・10~11月(185日間)

昼間26.64円×4kwh=106.56円

深夜11.04円×5kwh=55.2円

1日106.56円+55.2円=161.76円

185日×161.76円=約29,925円

1年間では

20244円+21578円+29925円=71,747円

15年間で1,076,205円

20年間では1,434,940円

もちろん、雨や曇りの日では蓄電池に

貯める事は出来ない日も有るので

7割ぐらいを考えてた方がいいかも・・・

つまり・・・

蓄電池が20年使用できたとして

10kwの容量だと

143万×0.7=100万

100万円ぐらいなら元は取れるかも知れません!

蓄電池が我が家に来る日は

まだまだ先の話ですね・・・

実際、現在で倍近くの金額しますから・・・

それでは2019年2月の3週目の発電記録を

見て行きましょう!

▽2018年5月現在の太陽光発電の設備金額相場を紹介しています▽

▽太陽光発電を1円でも安く設置する方法を紹介しています▽

▽太陽光発電を容量別に利益額を紹介しています▽

▽太陽光発電を設置した経緯を紹介しています▽

スポンサーリンク

1月の実績

1月のシミュレーション値は226kwです。

1月の総発電量は272.19kwh

1月はシミュレーション値に対して、

46.19kwh プラス

終了しました。

2019年1月の発電記録 記事一覧です。
よかったら参考にして下さい。

2月のシミュレーション値

2月のシミュレーション値は282kwhです。

2月のシミュレーション値達成まで

あと82.96kwhの発電が必要です。

2月の発電記録 記事一覧です。
よかったら参考にして下さい。

2月15日~2月21日の実績詳細

2月15日の発電量

2月16日の発電量

2月17日の発電量


2月18日の発電量

2月19日の発電量

2月20日の発電量

2月21日の発電量

2月15日~2月21日の電気使用料

夜間の時間帯・・・23時~7時

昼間の時間帯・・・7時~23時

2月15日の電気使用量

夜間の電気使用量=18.03kwh

18.03kwh × 11.04円=199.051円

昼間の電気使用量=10.14kwh

10.14kwh × 26.64円=270.130

計469.181円(469円)

でした。

2月16日の電気使用量

夜間の電気使用量=15.58kwh

15.58kwh × 11.04円=172.003円

昼間の電気使用量=10.32kwh

10.32kwh × 26.64円=274.925

計446.928円(446円)

でした。

2月17日の電気使用量

夜間の電気使用量=14.51kwh

14.51kwh × 11.04円=160.19円

昼間の電気使用量=10.46kwh

10.46kwh × 26.64円=278.654

計438.844円(438円)

でした。

2月18日の電気使用量

夜間の電気使用量=17.16kwh

17.16kwh × 11.04円=189.446円

昼間の電気使用量=5.80kwh

5.80kwh × 26.64円=154.512

計343.958円(343円)

でした。

2月19日の電気使用量

夜間の電気使用量=15.27kwh

15.27kwh × 11.04円=168.581円

昼間の電気使用量=8.67kwh

8.67kwh × 26.64円=230.969

計399.550円(399円)

でした。

2月20日の電気使用量

夜間の電気使用量=12.19kwh

12.19kwh × 11.04円=134.578円

昼間の電気使用量=5.65kwh

5.65kwh × 26.64円=150.516

計285.094円(285円)

でした。

2月21日の電気使用量

夜間の電気使用量=13.88kwh

13.88kwh × 11.04円=153.235円

昼間の電気使用量=6.64kwh

6.64kwh × 26.64円=176.890

計330.125円(330円)

でした。

例年の電気使用料との比較

2月の過去5年の平均電気使用料は

月約10,739円なので、1日当たりは

10,739円÷28日=約383.536円

383円を基準にすると

2月15日は

例年より86円分の電気使い過ぎです。

2月16日は

例年より63円分の電気使い過ぎです。

2月17日は

例年より55円分の電気使い過ぎです。

2月18日は

例年より40円分の節電です。

2月19日は

例年より16円分の電気使い過ぎです。

2月20日は

例年より98円分の節電です。

2月21日は

例年より53円分の節電です。

この1週間はトータル29円、例年より

電気を使い過ぎました。

2月1日~21日までの実績

発電量=199.04kwh

売電量=141.54kwh

売電額=5,378.52

売電比率=71.11

・電気代削減額(発電-売電×26.64円)

1,531.80円

・経済効果(売電額+電気代削減額)

6,910.320円

・1日平均発電量=9.478kwh

・シミュレーション値達成までに必要な

1日の平均発電量=10.071kwh

・シミュレーション値達成率=94.11%

・夜の電気代=325.45kwh(3,592.968円)

・昼の電気代=168.10kwh(4,478.184円)

・電気代合計=8,071.152円(8,071円)

※実際の電気代は上記に基本使用料等が

加算されます。 割引と合わせて、

+1,400円ぐらいです。

それと再エネ発電促進賦課金と燃料費調整額が

1kwhあたり3.0円ほどプラスになります。

過去5年の2月の1ヶ月平均電気使用量は

・夜の電気代=4,988円

・昼の電気代=5,751円

過去4年の1月の1ヶ月電気代最高値は

・夜の電気代最高値=5,250円(2017年)

・昼の電気代最高値=6,528円(2014年)

設置してからの収入額

1,872/3,652日経過 51.26%

総売電額=754,344円/1,338,400円

売電額に対する償却率=56.36%

経済効果額=893,262円/1,338,400円

経済効果に対する償却率=66.74%

まとめ

2月15日(金)~2月21日(木)

1日平均8.647kwhで

2桁発電した日は2日間しかなく

まったくダメダメな1週間でした。

残り1週間で83kwh・・・

1日11.85kwh平均・・・

シミュ値達成出来るのか・・・?

次週に期待です!!!

最後まで読んで下さり

有難うございます。

応援宜しくお願いします。

▼こちらは太陽光を導入する時にお世話になった比較サイトです▼





▼こちらは太陽光投資の人気検索サイトと人気販売店です▼

タイナビ発電所 ひなた発電所

2017年度の太陽光設置のメリット・デメリットを紹介しています。


2009年から始まった固定買取制度(FIT)が2019年で10年を迎えます。
太陽光を設置してからの10年後が明らかになるときです。
是非注目していきましょう。

2017年の発電記録まとめ記事です。

2017年メーカー別の特徴をまとめました。

売電量(売電比率)を増やす方法を紹介しています。</

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
△ポチッと応援お願いします。△
※Ctrlボタンを押しながらクリックするとリンク先に飛びません
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする