2019年の10kw以上の売電額がほぼ決定!(2019年1月第4週の発電)

新着記事

こんにちは、管理人のアパッチです。

2019年の10kw以上の売電額は

1kwhあたり14円でほぼ決定しそうです。

想定はしていましたが、2018年より

4円マイナスは厳しいです。

いくら太陽光発電の設置価格が

値下がりしてるとはいえ、限界があります。

2019年は10kw以上の設置なら

最低でも1kw25万円を切る設備費用に

おさえたいですね!

それで、20年間で150万ぐらいの利益が出そうです。

また、全量売電じゃなく余剰売電をお薦めします。

それでは、2019年1月の第4週の発電量の詳細を

報告します。

▽2018年5月現在の太陽光発電の設備金額相場を紹介しています▽

▽太陽光発電を1円でも安く設置する方法を紹介しています▽

▽太陽光発電を容量別に利益額を紹介しています▽

▽太陽光発電を設置した経緯を紹介しています▽

スポンサーリンク

12月の実績

12月のシミュレーション値は229kwです。

12月の総発電量は214.94kwh

12月はシミュレーション値に対して、

14.06kwh マイナス

終了しました。

2018年12月の発電記録 記事一覧です。
よかったら参考にして下さい。

1月のシミュレーション値

1月のシミュレーション値は226kwhです。

1月のシミュレーション値は

無事達成できました。

1月のシミュレーション値に対して

18.42kwh多く発電しています。

12月の発電記録 記事一覧です。
よかったら参考にして下さい。

カテゴリー 「」
https://www.apatti-solar.com/category/2019-1-hatuden
(件数:0)

1月22日~1月28日の実績詳細

1月22日の発電量

1月23日の発電量

1月24日の発電量

1月25日の発電量

1月26日の発電量

1月27日の発電量

1月28日の発電量

1月15日~1月28日の電気使用料

夜間の時間帯・・・23時~7時

昼間の時間帯・・・7時~23時

1月22日の電気使用量

夜間の電気使用量=14.50kwh

14.50kwh × 11.04円=160.080円

昼間の電気使用量=6.44kwh

6.44kwh × 26.64円=171.562

計331.642円(331円)

でした。

1月23日の電気使用量

夜間の電気使用量=15.02kwh

15.02kwh × 11.04円=165.821円

昼間の電気使用量=6.83kwh

6.83kwh × 26.64円=181.951

計347.772円(347円)

でした。

1月24日の電気使用量

夜間の電気使用量=13.70kwh

13.70kwh × 11.04円=151.248円

昼間の電気使用量=7.73kwh

7.73kwh × 26.64円=205.927

計357.175円(357円)

でした。

1月25日の電気使用量

夜間の電気使用量=17.78kwh

17.78kwh × 11.04円=196.291円

昼間の電気使用量=6.96kwh

6.96kwh × 26.64円=185.414

計381.705円(381円)

でした。

1月26日の電気使用量

夜間の電気使用量=13.12kwh

13.12kwh × 11.04円=144.845円

昼間の電気使用量=10.16kwh

10.16kwh × 26.64円=270.662

計415.507円(415円)

でした。

1月27日の電気使用量

夜間の電気使用量=14.59kwh

14.59kwh × 11.04円=161.074円

昼間の電気使用量=7.29kwh

7.29kwh × 26.64円=194.206

計355.280円(355円)

でした。

1月28日の電気使用量

夜間の電気使用量=18.96kwh

18.96kwh × 11.04円=209.318円

昼間の電気使用量=8.04kwh

8.04kwh × 26.64円=214.186

計423.504円(423円)

でした。

例年の電気使用料との比較

1月の過去4年の平均電気使用料は

月約13,705円なので、1日当たりは

13,705円÷31日=約442.097円

442円を基準にすると

1月22日は

例年より111円分の節電です。

1月23日は

例年より95円分の節電です。

1月24日は

例年より85円分の節電です。

1月25日は

例年より61円分の節電です。

1月26日は

例年より27円分の節電です。

1月27日は

例年より87円分の節電です。

1月28日は

例年より19円分の節電です。

この1週間はトータル485円、例年より

電気を節電出来ました。

1月1日~28日までの実績

発電量=244.42kwh

売電量=178.77kwh

売電額=6,793.26

売電比率=73.14

・電気代削減額(発電-売電×26.64円)

1,748.916円

・経済効果(売電額+電気代削減額)

8,542.176円

・1日平均発電量=8.729kwh

・シミュレーション値達成までに必要な

1日の平均発電量=7.290kwh

・シミュレーション値達成率=119.74%

・夜の電気代=424.56kwh(4,687.142円)

・昼の電気代=227.66kwh(6,064.862円)

・電気代合計=10,752.004円(10,752円)

※実際の電気代は上記に基本使用料等が

加算されます。 割引と合わせて、

+1,400円ぐらいです。

それと再エネ発電促進賦課金と燃料費調整額が

1kwhあたり3.0円ほどプラスになります。

過去4年の1月の1ヶ月平均電気使用量は

・夜の電気代=5,786円

・昼の電気代=7,919円

過去4年の1月の1ヶ月電気代最高値は

・夜の電気代最高値=6,608円(2018年)

・昼の電気代最高値=11,446円(2018年)

設置してからの収入額

1,848/3,652日経過 50.60%

総売電額=748,057円/1,338,400円

売電額に対する償却率=55.89%

経済効果額=885,349円/1,338,400円

経済効果に対する償却率=66.15%

まとめ

1月22日(火)~1月28日(月)

1日平均9.227kwhで

1週間の内、2桁発電は3日間で、

残りの日も5kwh以下の日は無く、

この時期、平均9kwh以上は上出来です。

1月も残り3日・・・

ラストスパートに期待します。

最後まで読んで下さり

有難うございます。

応援宜しくお願いします。

▼こちらは太陽光を導入する時にお世話になった比較サイトです▼





▼こちらは太陽光投資の人気検索サイトと人気販売店です▼

タイナビ発電所 ひなた発電所

2017年度の太陽光設置のメリット・デメリットを紹介しています。


2009年から始まった固定買取制度(FIT)が2019年で10年を迎えます。
太陽光を設置してからの10年後が明らかになるときです。
是非注目していきましょう。

2017年の発電記録まとめ記事です。

2017年メーカー別の特徴をまとめました。

売電量(売電比率)を増やす方法を紹介しています。</

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
△ポチッと応援お願いします。△
※Ctrlボタンを押しながらクリックするとリンク先に飛びません
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする