太陽光発電記録(2019年10月11日~20日の発電)

新着記事

こんにちは、管理人のアパッチです。

2019年10月中旬(10月11日~20日)の

発電量・売電量・電気使用率

設置からの売電額・経済効果・・・

を報告します。

2019年7月19日の正午からネット環境が変更し

フロンティアモニターで観測不可になりました。

復旧したのは9月4日です。

フロンティアモニターが接続されてなかった期間は

発電量・売電量は0として算出します。

はたして、太陽光発電は10年で

どれだけの利益がでるのか?

参考にして頂ければ幸いです。

▽2018年5月現在の太陽光発電の設備金額相場を紹介しています▽

▽太陽光発電を1円でも安く設置する方法を紹介しています▽

▽太陽光発電を容量別に利益額を紹介しています▽

▽太陽光発電を設置した経緯を紹介しています▽

スポンサーリンク

9月の実績

9月のシミュレーション値は362kwです。

9月の総発電量は385.38kwh

9月はシミュレーション値に対して、

23.38kwh プラス

終了しました。


2019年9月の発電記録 記事一覧です。
よかったら参考にして下さい。

10月のシミュレーション値

10月のシミュレーション値は306kwhです。

10月の発電記録 記事一覧です。
よかったら参考にして下さい。

10月11日~10月20日

10月 発電量(kwh) 売電量(kwh) 電気使用量(kwh)
昼(7~23) 夜(23~7)
11日 7.01 5.45 2.30 9.01
12日 0.73 0.02 5.59 7.40
13日 9.59 7.02 1.60 8.95
14日 13.00 10.06 3.48 8.46
15日 6.14 4.91 2.87 8.66
16日 14.91 13.24 2.68 9.47
17日 8.90 6.11 3.74 9.51
18日 4.47 3.33 4.01 8.90
19日
6.32 4.79 3.99 7.93
20日
11.92 9.56 3.24 8.40
合計
82.99
64.49
33.50
86.69

10日間の合計

発電量=82.99kwh

売電量=64.49kwh(2,450.62円)

電気使用量(昼)=33.50kwh(892.4円)

電気使用量(夜)=86.69kwh(957.1円)

10日間の電気料金=1,849.5円

10月1日~20日までの実績

発電量=207.2kwh

売電量=169.18kwh

売電額=6,428.84

売電比率=81.7

・電気代削減額(発電-売電×31.97円)

1,012.853円

・経済効果(売電額+電気代削減額)

7,441.693円

・1日平均発電量=10.36kwh

・シミュレーション値達成までに必要な

1日の平均発電量=9.871kwh

・シミュレーション値達成率=104.95%

・夜の電気代=171.09kwh(1,888.83円)

・昼の電気代=66.23kwh(1,764.37円)

・電気代合計=3,653.20

※実際の電気代は上記に基本使用料等が

加算されます。 割引と合わせて、

+1,400円ぐらいです。

それと再エネ発電促進賦課金と燃料費調整額が

1kwhあたり3.18円ほどプラスになります。

過去5年の10月の1ヶ月平均電気使用量は

・夜の電気代=2,858円

・昼の電気代=3,028円

過去5年の10月の1ヶ月電気代最高値は

・夜の電気代最高値=3,221円(2016年)

・昼の電気代最高値=3,134円(2014年)

設置してからの収入額

2,108/3,652日経過 57.72%

総売電額=844,334円/1,338,400円

売電額に対する償却率=63.09%

経済効果額=997,930円/1,338,400円

経済効果に対する償却率=74.56%

まとめ

10月11日(金)~10月20日(日)

1日の平均発電は

8.30kwh

でした。

10月のシミュレーション値達成まで

あと98.80kwh

の発電が必要です。

最後まで読んで下さり

有難うございます。

応援宜しくお願いします。

▼こちらは太陽光を導入する時にお世話になった比較サイトです▼





▼こちらは太陽光投資の人気検索サイトとオール電化無料相談です▼

タイナビ発電所  オール電化

2017年度の太陽光設置のメリット・デメリットを紹介しています。


2009年から始まった固定買取制度(FIT)が2019年で10年を迎えます。
太陽光を設置してからの10年後が明らかになるときです。
是非注目していきましょう。

2017年の発電記録まとめ記事です。

2017年メーカー別の特徴をまとめました。

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
△ポチッと応援お願いします。△
※Ctrlボタンを押しながらクリックするとリンク先に飛びません
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする