経年劣化を感じさせないソーラーフロンティア(発電記録11/29~11/30)

新着記事

こんにちはアパッチです。

2018年11月の発電記録です。

11月は基本、発電量がガクンと落ちる時期で

シミュレーション値も5月~8月に比べると

半分程度です。

12月・1月は更に、低いシミュレーション値が

設定されています。

(ほとんど変わりませんが・・・)

11月のシミュレーション値は

234kwhで

5年間では2014年の277kwhが最高値となっており

最低値ではその翌年2015年が216kwhと

シミュレーション値を下回る結果となっています。

2018年の今年は・・・

結果から言いますと、2014年の最高値を

更新しました。

結果はシミュレーション値を58kwhも上回る

292kwhの発電です。

5年目にして最高値・・・

全く経年劣化を感じさせない!

さすがCISパネルです。

太陽光パネルで多いのが単結晶パネルで

経年劣化は5年で3~4%とされています。

CISパネルでは5年で1.5%・・・

優れものです。

改めて、ソーラーフロンティアにして

よかったと思います。

それでは11月29日~30日の発電を

詳しく見て行きましょう。

▽2018年5月現在の太陽光発電の設備金額相場を紹介しています▽

▽太陽光発電を1円でも安く設置する方法を紹介しています▽

▽太陽光発電を容量別に利益額を紹介しています▽

▽太陽光発電を設置した経緯を紹介しています▽

スポンサーリンク

10月の実績

10月のシミュレーション値は306kwです。

10月の総発電量は369.14kwh

10月はシミュレーション値に対して、

63.14kwh プラス で終了しました。

2018年10月の発電記録 記事一覧です。
よかったら参考にして下さい。

11月のシミュレーション値

11月のシミュレーション値は234kwhです。

11月はシミュレーション値を無事

達成する事ができました。

11月はシミュレーション値に対して

58.54kwh多く発電しています。

11月の発電記録 記事一覧です。
よかったら参考にして下さい。

11月29日~11月30日の実績一覧

11月29日~11月30日の実績詳細

11月29日の発電量

11月30日の発電量

11月29日~11月30日の電気使用料

夜間の時間帯・・・23時~7時

昼間の時間帯・・・7時~23時

11月29日の電気使用量

夜間の電気使用量=11.89kwh

11.89kwh × 11.04円=131.266円

昼間の電気使用量=5.16kwh

5.16kwh × 26.64円=137.462

計268.728円(268円)

でした。

11月30日の電気使用量

夜間の電気使用量=11.74kwh

11.74kwh × 11.04円=129.610円

昼間の電気使用量=3.93kwh

3.93kwh × 26.64円=104.695

計234.305円(234円)

でした。

例年の電気使用料との比較

11月の過去4年の平均電気使用料は

月約7,192円なので、1日当たりは

7,192円÷30日=約239.733円

239円を基準にすると

11月29日は

例年より29円分の電気使い過ぎです。

11月30日は

例年より5円分の節電です。

この2日間はトータル24円、例年より

電気使い過ぎになりました。

11月1日~30日までの実績

発電量=292.54kwh

売電量=230.15kwh

売電額=8,745.70

売電比率=78.67

・電気代削減額(発電-売電×26.64円)

1,662.070円

・経済効果(売電額+電気代削減額)

10,407.77円

・1日平均発電量=9.751kwh

・シミュレーション値達成までに必要な

1日の平均発電量=7.800kwh

・シミュレーション値達成率=125.02%

・夜の電気代=317.14kwh(3,501.226円)

・昼の電気代=111.25kwh(2,963.700円)

・電気代合計=6,464.926円(6,464円)

※実際の電気代は上記に基本使用料等が

加算されます。 割引と合わせて、

+1,400円ぐらいです。

過去4年の11月の1ヶ月平均電気使用量は

・夜の電気代=3,722円

・昼の電気代=3,470円

過去4年の11月の1ヶ月電気代最高値は

・夜の電気代最高値=3,892円(2017年)

・昼の電気代最高値=3,920円(2017年)

2018年の電気代は最高値の2017年に比べると

夜間電力で400円程度

昼の電力で1000円程度

合わせて1400円程度の電気代が安くなりました。

一番の理由は気温です。

今年の気温は温かく、エアコンの使用を

抑える事ができました。

また、2017年はエアコンを掃除してなく

電力UPに繋がってしまったと思われます。

設置してからの収入額

1,789/3,652日経過 48.99%

総売電額=735,656円/1,338,400円

売電額に対する償却率=54.97%

経済効果額=869,405円/1,338,400円

経済効果に対する償却率=64.96%

まとめ

11月29日(木)~11月30日(金)

1日平均10.74kwhで

2日間ともに10kwhを超えました。

おかげで2018年11月は過去最高値を

15kwhも更新する事ができ、

改めてソーラーフロンティアの凄さを

実感しました。

12月も期待したいと思います。

最後まで読んで下さり

有難うございます。

応援宜しくお願いします。

▼こちらは太陽光を導入する時にお世話になった比較サイトです▼





2017年度の太陽光設置のメリット・デメリットを紹介しています。


2009年から始まった固定買取制度(FIT)が2019年で10年を迎えます。
太陽光を設置してからの10年後が明らかになるときです。
是非注目していきましょう。

2017年の発電記録まとめ記事です。

2017年メーカー別の特徴をまとめました。

売電量(売電比率)を増やす方法を紹介しています。

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
△ポチッと応援お願いします。△
※Ctrlボタンを押しながらクリックするとリンク先に飛びません
 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする