太陽光発電:ローンしてでも設置すべき?(10/1~10/7の発電)

新着記事

こんにちはアパッチです。

太陽光発電システムの値段は

年々下がってきている・・・とは言え

高価な品物です。

住宅用では10kwのシステムで250万円程度

野立では50kwのシステムで800万円程度

土地付きでは安くて50kwのシステムで

1000万円程度の費用が必要です。

現金でドーンと払える人は良いですが、

そうでない方がほとんどだと思います。

はたして、太陽光発電はローンを組んででも

設置した方がお得なのか?

ローンを組むとどれぐらいのお支払いになるか

見てみましょう!

ソーラーローンを提供してる銀行や信販会社は

多くありますが、何処を選ぶかによっても

金利が大きく変わってきます。

今回は300万円の借入で返済期間10年

金利1.8%で見てみましょう!

250万の借入だと、支払総額は273万円

毎月23000円近くの返済になります。

年間27.3万円・・・

10kwのシステムだと年間11000kwhの発電で

売電価格は18円/kwhなので

約20万円・・・

税込で21.6万円です。

売電でローンが支払えません。

なので返済期間を15年に延ばすと・・・

250万の借入で 金利が2.0%にUPし

総額で290万円近く払わなければなりません。

ローンを組まなかったら、11.5年ぐらいで

元が取れるのですが、10年返済でローンを組むと、

12.6年までかかり、15年返済にすると

13.4年まで元が取れません。

10年で23万、15年で40万円・・・

10kw以上は20年の固定売電があると言え

いつどうなるかわかりませんから・・・

なので、15年ローンはお薦め出来ません!

払う金額が多くなるし・・・

だったら少しでも頭金を支払い、

返済額を少しでも減らし、

せめて10年で返済できるようにする事を

お薦めします。

次回はソーラーローンについて、

もう少し詳しく見て行きたいと思います。

それでは10月1日~7日の発電を

詳しく見て行きましょう。

▽2018年5月現在の太陽光発電の設備金額相場を紹介しています▽

▽太陽光発電を1円でも安く設置する方法を紹介しています▽

▽太陽光発電を容量別に利益額を紹介しています▽

▽太陽光発電を設置した経緯を紹介しています▽

スポンサーリンク

9月の実績

9月のシミュレーション値は362kwです。

9月の総発電量は310.26kwh

9月はシミュレーション値に対して、

51.74kwh マイナス で終了しました。

2018年9月の発電記録 記事一覧です。
よかったら参考にして下さい。

10月のシミュレーション値

10月のシミュレーション値は306kwhです。

10月のシミュレーション値達成まで

あと218.14kwhの発電が必要です。

10月の発電記録 記事一覧です。
よかったら参考にして下さい。

10月1日~10月7日の実績一覧

10月1日~10月7日の実績詳細

10月1日の発電量

10月2日の発電量

10月3日の発電量

10月4日の発電量

10月5日の発電量

10月6日の発電量

10月7日の発電量

10月1日~10月7日の電気使用料

夜間の時間帯・・・23時~7時

昼間の時間帯・・・7時~23時

10月1日の電気使用量

夜間の電気使用量=7.73kwh

7.73kwh × 11.04円=85.339円

昼間の電気使用量=2.86kwh

2.86kwh × 26.64円=76.190

計161.529円(161円)

でした。

10月2日の電気使用量

夜間の電気使用量=8.85kwh

8.85kwh × 11.04円=97.704円

昼間の電気使用量=1.55kwh

1.55kwh × 26.64円=41.292

計138.996円(138円)

でした。

10月3日の電気使用量

夜間の電気使用量=8.36kwh

8.36kwh × 11.04円=92.294円

昼間の電気使用量=2.64kwh

2.64kwh × 26.64円=70.330

計162.624円(162円)

でした。

10月4日の電気使用量

夜間の電気使用量=8.28kwh

8.28kwh × 11.04円=91.411円

昼間の電気使用量=3.43kwh

3.43kwh × 26.64円=91.375

計182.786円(182円)

でした。

10月5日の電気使用量

夜間の電気使用量=8.40kwh

8.40kwh × 11.04円=92.736円

昼間の電気使用量=4.52kwh

4.52kwh ×26.64円=120.413

計213.149円(213円)

でした。

10月6日の電気使用量

夜間の電気使用量=8.20kwh

8.20kwh × 11.04円=90.528円

昼間の電気使用量=5.37kwh

5.37kwh × 26.64円=143.057

計233.585円(233円)

でした。

10月7日の電気使用量

夜間の電気使用量=8.43kwh

8.43kwh × 11.04円=93.067円

昼間の電気使用量=3.95kwh

3.95kwh × 26.64円=105.228

計198.295円(198円)

でした。

例年の電気使用料との比較

10月の過去4年の平均電気使用料は

月約6,004円なので、1日当たりは

6,004円÷31日=約193.677円

193円を基準にすると

10月1日は

例年より32円分の節電です。

10月2日は

例年より55円分の節電です。

10月3日は

例年より31円分の節電です。

10月4日は

例年より11円分の節電です。

10月5日は

例年より20円分の電気使い過ぎです。

10月6日は

例年より40円分の電気使い過ぎです。

10月7日は

例年より5円分の電気使い過ぎです。

この1週間は64円、例年より

節電できました。

5日~7日は暑い日が続き、エアコンを

使用したのが原因です。

10月1日~7日までの実績

発電量=87.86kwh

売電量=72.77kwh

売電額=2,765.26

売電比率=82.83

・電気代削減額(発電-売電×26.64円)

401.998円

・経済効果(売電額+電気代削減額)

3,167.258円

・1日平均発電量=12.551kwh

・シミュレーション値達成までに必要な

1日の平均発電量=9.871kwh

・シミュレーション値達成率=127.15%

・夜の電気代=58.25kwh(643.080円)

・昼の電気代=24.32kwh(647.885円)

・電気代合計=1,290.965円(1,290円)

※実際の電気代は上記に基本使用料等が

加算されます。 割引と合わせて、

+1,400円ぐらいです。

過去4年の10月の1ヶ月平均電気使用量は

・夜の電気代=3,127円

・昼の電気代=2,877円

過去4年の10月の1ヶ月電気代最高値は

・夜の電気代最高値=3,221円(2016年)

・昼の電気代最高値=3,134円(2014年)

設置してからの収入額

1,735/3,652日経過 47.51%

総売電額=718,130円/1,338,400円

売電額に対する償却率=53.66%

経済効果額=848,879円/1,338,400円

経済効果に対する償却率=63.43%

まとめ

10月1日(月)~10月7日(日)

1日平均12.55kwhと

まずまずの発電でした。

間、雨が降った日もあったのですが、

何とか持ち直してくれたって感じです。

今週も雨の日もありますが、

晴れる日も多いみたいなので期待できそうです。

今月はシミュレーション値を

達成してほしいものです。

最後まで読んで下さり

有難うございます。

応援宜しくお願いします。

▼こちらは太陽光を導入する時にお世話になった比較サイトです▼





2017年度の太陽光設置のメリット・デメリットを紹介しています。


2009年から始まった固定買取制度(FIT)が2019年で10年を迎えます。
太陽光を設置してからの10年後が明らかになるときです。
是非注目していきましょう。

2017年の発電記録まとめ記事です。

2017年メーカー別の特徴をまとめました。

売電量(売電比率)を増やす方法を紹介しています。

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
△ポチッと応援お願いします。△
※Ctrlボタンを押しながらクリックするとリンク先に飛びません
 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする