台風24号最新情報(9/22~9/28の発電)

新着記事

こんにちはアパッチです。

台風24号(チャーミー)は勢力を保ちつつ、

29日(土)に沖縄・奄美に最接近し

暴風・大雨・高潮等、厳重な警戒が必要です。

29日午前6時現在、既に沖縄では48180戸が停電し、

どれだけ台風24号の勢力が荒ましいのかが伺えます。

29日午前6時現在那覇市の南南西約160kmにあって、

北へ毎時15kmで進んでいます。

中心気圧は950hPa、

中心付近の最大風速は45m/sです。

瞬間最大風速は60m/sとなっており、

暴風に警戒が必要です。

この台風は、30日6時には

屋久島の南南西約50kmに達し、

1日3時には東日本に達するでしょう。

2日3時には千島の東に達して、

温帯低気圧に変わる見込みです。

この台風、今後の進路は日本を横断する予報で、

29日から降り続ける雨の影響で、雨量も多くなり

河川の氾濫や洪水、土砂災害に警戒が必要です。

早めの対策をし、必要に応じて避難して下さい。

それでは9月22日~28日の発電を

詳しく見て行きましょう。

▽2018年5月現在の太陽光発電の設備金額相場を紹介しています▽

▽太陽光発電を1円でも安く設置する方法を紹介しています▽

▽太陽光発電を容量別に利益額を紹介しています▽

▽太陽光発電を設置した経緯を紹介しています▽

スポンサーリンク

8月の実績

8月のシミュレーション値は505kwです。

8月の総発電量は589.77kwh

8月はシミュレーション値に対して、

84.77kwh プラス で終了しました。

2018年8月の発電記録 記事一覧です。
よかったら参考にして下さい。

9月のシミュレーション値

9月のシミュレーション値は362kwhです。

9月のシミュレーション値達成まで

あと55.65kwhの発電が必要です。

9月の発電記録 記事一覧です。
よかったら参考にして下さい。

9月22日~9月28日の実績一覧

9月22日~9月28日の実績詳細

9月22日の発電量

9月23日の発電量

9月24日の発電量

9月25日の発電量

9月26日の発電量

9月27日の発電量

9月28日の発電量

9月22日~9月28日の電気使用料

夜間の時間帯・・・23時~7時

昼間の時間帯・・・7時~23時

9月22日の電気使用量

夜間の電気使用量=7.62kwh

7.62kwh × 11.04円=84.125円

昼間の電気使用量=4.59kwh

4.59kwh × 31.97円=146.742

計230.867円(230円)

でした。

9月23日の電気使用量

夜間の電気使用量=7.33kwh

7.33kwh × 11.04円=80.923円

昼間の電気使用量=1.50kwh

1.50kwh × 31.97円=47.955

計128.878円(128円)

でした。

9月24日の電気使用量

夜間の電気使用量=6.71kwh

6.71kwh × 11.04円=74.078円

昼間の電気使用量=3.37kwh

3.37kwh × 31.97円=107.739

計181.817円(181円)

でした。

9月25日の電気使用量

夜間の電気使用量=7.28kwh

7.28kwh × 11.04円=80.371円

昼間の電気使用量=4.28kwh

4.28kwh × 31.97円=136.832

計217.203円(217円)

でした。

9月26日の電気使用量

夜間の電気使用量=8.80kwh

8.80kwh × 11.04円=97.152円

昼間の電気使用量=2.83kwh

2.83kwh × 31.97円=90.475

計187.627円(187円)

でした。

9月27日の電気使用量

夜間の電気使用量=8.93kwh

8.93kwh × 11.04円=98.587円

昼間の電気使用量=2.72kwh

2.72kwh × 31.97円=86.958

計185.545円(185円)

でした。

9月28日の電気使用量

夜間の電気使用量=8.78kwh

8.78kwh × 11.04円=96.931円

昼間の電気使用量=2.01kwh

2.01kwh × 31.97円=64.260

計161.191円(161円)

でした。

例年の電気使用料との比較

9月の過去4年の平均電気使用料は

月約6,263円なので、1日当たりは

6,263円÷30日=約208.767円

208円を基準にすると

9月22日は

例年より22円分の電気使い過ぎです。

9月23日は

例年より80円分の節電です。

9月24日は

例年より27円分の節電です。

9月25日は

例年より9円分の電気使い過ぎです。

9月26日は

例年より21円分の節電です。

9月27日は

例年より23円分の節電です。

9月28日は

例年より47円分の節電です。

この1週間は167円、例年より

節電できました。

涼しくなってきて、エアコンを

使わなくなったからでしょう。

エアコンの影響は絶大です。

9月1日~28日までの実績

発電量=306.35kwh

売電量=239.99kwh

売電額=9,119.62

売電比率=78.34

・電気代削減額(発電-売電×31.97円)

2,121.529円

・経済効果(売電額+電気代削減額)

11,241.149円

・1日平均発電量=10.941kwh

・シミュレーション値達成までに必要な

1日の平均発電量=12.067kwh

・シミュレーション値達成率=90.67%

・夜の電気代=220.68kwh(2,436.307円)

・昼の電気代=108.48kwh(3,468.106円)

・電気代合計=5,904.413円(5,904円)

※実際の電気代は上記に基本使用料等が

加算されます。 割引と合わせて、

+1,400円ぐらいです。

過去4年の9月の1ヶ月平均電気使用量は

・夜の電気代=2,664円

・昼の電気代=3,599円

過去4年の8月の1ヶ月電気代最高値は

・夜の電気代最高値=2,789円(2016年)

・昼の電気代最高値=3,786円(2016年)

設置してからの収入額

1,726/3,652日経過 47.26%

総売電額=715,311円/1,338,400円

売電額に対する償却率=53.45%

経済効果額=845,578円/1,338,400円

経済効果に対する償却率=63.18%

まとめ

9月22日(土)~9月28日(金)

今週は1日平均12.31kwhで

ノルマは達成してるものの、

9月前半の発電が少なかったので、

シミュレーション値を超えるのは

不可能な状態となりました。

あと二日を残しシミュ値達成まで

あと55.65kwh・・・

晴れても無理なのに、残り二日とも雨の予報

しかも台風と、最悪の状況です。

9月の発電としては、

今年が最悪の発電となりそうです。

その分、来月に期待します。

最後まで読んで下さり

有難うございます。

応援宜しくお願いします。

▼こちらは太陽光を導入する時にお世話になった比較サイトです▼





2017年度の太陽光設置のメリット・デメリットを紹介しています。


2009年から始まった固定買取制度(FIT)が2019年で10年を迎えます。
太陽光を設置してからの10年後が明らかになるときです。
是非注目していきましょう。

2017年の発電記録まとめ記事です。

2017年メーカー別の特徴をまとめました。

売電量(売電比率)を増やす方法を紹介しています。

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
△ポチッと応援お願いします。△
※Ctrlボタンを押しながらクリックするとリンク先に飛びません
 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする