台風24号発生と今後(9/15~9/21の発電)

新着記事

こんにちはアパッチです。

9月21日(金曜日)午後9時

マリアナ諸島で台風24号が発生しました。

台風の中心気圧は1000ヘクトパスカル

中心付近の最大風速は18メートル

瞬間最大風速は25メートルで

1時間に約15キロの速さで

西北西に進んでいます。

今後発達しながらフィリピンの東を西寄りに進み

3連休明けに沖縄の南に達する予報です。

台風24号は今後海水温が28℃以上ある

暖かな海域を西寄りに進むため、急速に発達し、

3連休明けの火曜日には

最大瞬間風速65メートルの非常に強い勢力で、

沖縄の南海上に達する予想です。

ただこの頃から速度がかなり遅くなり、

ほとんど停滞してしまうかもしれません。

5日後(木曜日午前3時)の予報円の直径は

1400キロもあり、

これは沖縄の南あたりからの速度や方向が

あまり定まっていないことを現しています。

もし、予想通りに速度を落とした後、

日本列島へ向けて北上するような場合は、

再来週の週明けにかけて、

10月のスタートまで影響するような

恐れも考えられるため、

長期の監視が必要となりそうです。

今後台風24号の行方を注目していきたいと

思います。

それでは9月15日~21日の発電を

詳しく見て行きましょう。

▽2018年5月現在の太陽光発電の設備金額相場を紹介しています▽

▽太陽光発電を1円でも安く設置する方法を紹介しています▽

▽太陽光発電を容量別に利益額を紹介しています▽

▽太陽光発電を設置した経緯を紹介しています▽

スポンサーリンク

8月の実績

8月のシミュレーション値は505kwです。

8月の総発電量は589.77kwh

8月はシミュレーション値に対して、

84.77kwh プラス で終了しました。

2018年8月の発電記録 記事一覧です。
よかったら参考にして下さい。

9月のシミュレーション値

9月のシミュレーション値は362kwhです。

9月のシミュレーション値達成まで

あと141.82kwhの発電が必要です。

9月の発電記録 記事一覧です。
よかったら参考にして下さい。

9月15日~9月21日の実績一覧

9月15日~9月21日の実績詳細

9月15日の発電量

9月16日の発電量

9月17日の発電量

9月18日の発電量

9月19日の発電量


9月20日の発電量

9月21日の発電量

9月15日~9月21日の電気使用料

夜間の時間帯・・・23時~7時

昼間の時間帯・・・7時~23時

9月15日の電気使用量

夜間の電気使用量=8.05kwh

8.05kwh × 11.04円=88.872円

昼間の電気使用量=4.12kwh

4.12kwh × 31.97円=131.716

計220.588円(220円)

でした。

9月16日の電気使用量

夜間の電気使用量=7.24kwh

7.24kwh × 11.04円=79.930円

昼間の電気使用量=1.21kwh

1.21kwh × 31.97円=38.684

計118.614円(118円)

でした。

9月17日の電気使用量

夜間の電気使用量=3.45kwh

3.45kwh × 11.04円=38.088円

昼間の電気使用量=6.43kwh

6.43kwh × 31.97円=205.567

計243.655円(243円)

でした。

9月18日の電気使用量

夜間の電気使用量=8.48kwh

8.48kwh × 11.04円=93.619円

昼間の電気使用量=5.06kwh

5.06kwh × 31.97円=161.768

計255.387円(255円)

でした。

9月19日の電気使用量

夜間の電気使用量=8.72kwh

8.72kwh × 11.04円=96.269円

昼間の電気使用量=3.88kwh

3.88kwh × 31.97円=124.044

計220.313円(220円)

でした。

9月20日の電気使用量

夜間の電気使用量=8.18kwh

8.18kwh × 11.04円=90.307円

昼間の電気使用量=3.32kwh

3.32kwh × 31.97円=106.140

計196.447円(196円)

でした。

9月21日の電気使用量

夜間の電気使用量=8.58kwh

8.58kwh × 11.04円=94.723円

昼間の電気使用量=3.86kwh

3.86kwh × 31.97円=123.404

計218.127円(218円)

でした。

例年の電気使用料との比較

9月の過去4年の平均電気使用料は

月約6,263円なので、1日当たりは

6,263円÷30日=約208.767円

208円を基準にすると

9月15日は

例年より12円分の電気使い過ぎです。

9月16日は

例年より90円分の節電です。

9月17日は

例年より35円分の電気使い過ぎです。

9月18日は

例年より47円分の電気使い過ぎです。

9月19日は

例年より12円分の電気使い過ぎです。

9月20日は

例年より12円分の節電です。

9月21日は

例年より10円分の電気使い過ぎです。

この1週間は14円、例年より

電気使い過ぎました。

大阪に1泊で旅行し家を留守にしてたのに

トータルで電気使い過ぎ・・・

どう言う事やねん!!

エアコンの影響は絶大です。

9月1日~21日までの実績

発電量=220.18kwh

売電量=172.95kwh

売電額=6,572.10

売電比率=78.55

・電気代削減額(発電-売電×31.97円)

1,509.943円

・経済効果(売電額+電気代削減額)

8,082.043円

・1日平均発電量=10.485kwh

・シミュレーション値達成までに必要な

1日の平均発電量=12.067kwh

・シミュレーション値達成率=86.89%

・夜の電気代=165.23kwh(1,824.139円)

・昼の電気代=87.18kwh(2,787.145円)

・電気代合計=4,611.284円(4,611円)

※実際の電気代は上記に基本使用料等が

加算されます。 割引と合わせて、

+1,400円ぐらいです。

過去4年の9月の1ヶ月平均電気使用量は

・夜の電気代=2,664円

・昼の電気代=3,599円

過去4年の8月の1ヶ月電気代最高値は

・夜の電気代最高値=2,789円(2016年)

・昼の電気代最高値=3,786円(2016年)

設置してからの収入額

1,719/3,652日経過 47.07%

総売電額=712,763円/1,338,400円

売電額に対する償却率=53.26%

経済効果額=842,419円/1,338,400円

経済効果に対する償却率=62.94%

まとめ

9月15日(土)~9月21日(金)

週の前半は晴れ間も見え、

ソコソコの発電量があったのですが

週の後半は雨で、発電量もサッパリでした。

それでも、前半頑張ってくれたので、

90kwh近い発電量があり、

1日平均12.7kwhの発電で

何とかシミュ値のノルマは達成した感じです。

最後まで読んで下さり

有難うございます。

応援宜しくお願いします。

▼こちらは太陽光を導入する時にお世話になった比較サイトです▼





2017年度の太陽光設置のメリット・デメリットを紹介しています。


2009年から始まった固定買取制度(FIT)が2019年で10年を迎えます。
太陽光を設置してからの10年後が明らかになるときです。
是非注目していきましょう。

2017年の発電記録まとめ記事です。

2017年メーカー別の特徴をまとめました。

売電量(売電比率)を増やす方法を紹介しています。

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
△ポチッと応援お願いします。△
※Ctrlボタンを押しながらクリックするとリンク先に飛びません
 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする