秋の梅雨で発電ガタ落ち(9/8~9/14の発電)

新着記事

こんにちはアパッチです。

9月の発電は、晴れた日が少なく

2週間が過ぎた時点で

130kwhしか発電してなく

この一週間では、たった48kwhしか

発電していません。

まあ、これだけ雨が降っては・・・

9月は過去にもシミュレーション値割れを

起こしており、2016年の9月は

シミュレーション値に対して

17kwhの発電が足りませんでした。

今年はどうなるのか?

この先の週間天気を見ても、

あまり思わしくないような感じがします。

9月のシミュレーション値が360kwhですから

シミュレーション値を達成するには

残り2週間ちょいで230kwhの発電が

必要となります。

今年は2016年より更にシミュレーション値より

マイナスしてしまうのか、

注目していきたいと思います。

それでは9月8日~14日の発電を

詳しく見て行きましょう。

▽2018年5月現在の太陽光発電の設備金額相場を紹介しています▽

▽太陽光発電を1円でも安く設置する方法を紹介しています▽

▽太陽光発電を容量別に利益額を紹介しています▽

▽太陽光発電を設置した経緯を紹介しています▽

スポンサーリンク

8月の実績

8月のシミュレーション値は505kwです。

8月の総発電量は589.77kwh

8月はシミュレーション値に対して、

84.77kwh プラス で終了しました。

2018年8月の発電記録 記事一覧です。
よかったら参考にして下さい。

9月のシミュレーション値

9月のシミュレーション値は362kwhです。

9月のシミュレーション値達成まで

あと231.33kwhの発電が必要です。

9月の発電記録 記事一覧です。
よかったら参考にして下さい。

9月8日~9月14日の実績一覧

9月1日~9月7日の実績詳細

9月8日の発電量

9月9日の発電量

9月10日の発電量

9月11日の発電量


9月12日の発電量

9月13日の発電量

9月14日の発電量

9月8日~9月14日の電気使用料

夜間の時間帯・・・23時~7時

昼間の時間帯・・・7時~23時

9月8日の電気使用量

夜間の電気使用量=7.19kwh

7.19kwh × 11.04円=79.378円

昼間の電気使用量=3.19kwh

3.19kwh × 31.97円=101.984

計181.362円(181円)

でした。

9月9日の電気使用量

夜間の電気使用量=7.70kwh

7.70kwh × 11.04円=85.008円

昼間の電気使用量=5.76kwh

5.76kwh × 31.97円=184.147

計269.155円(269円)

でした。

9月10日の電気使用量

夜間の電気使用量=8.23kwh

8.23kwh × 11.04円=90.859円

昼間の電気使用量=3.33kwh

3.33kwh × 31.97円=106.460

計197.319円(197円)

でした。

9月11日の電気使用量

夜間の電気使用量=8.25kwh

8.25kwh × 11.04円=91.080円

昼間の電気使用量=1.92kwh

1.92kwh × 31.97円=61.382

計152.462円(152円)

でした。

9月12日の電気使用量

夜間の電気使用量=8.15kwh

8.15kwh × 11.04円=89.976円

昼間の電気使用量=3.39kwh

3.39kwh × 31.97円=108.378

計198.354円(198円)

でした。

9月13日の電気使用量

夜間の電気使用量=8.47kwh

8.47kwh × 11.04円=93.509円

昼間の電気使用量=3.01kwh

3.01kwh × 31.97円=96.230

計189.739円(189円)

でした。

9月14日の電気使用量

夜間の電気使用量=8.03kwh

8.03kwh × 11.04円=88.651円

昼間の電気使用量=3.11kwh

3.11kwh × 31.97円=99.427

計188.078円(188円)

でした。

例年の電気使用料との比較

9月の過去4年の平均電気使用料は

月約6,263円なので、1日当たりは

6,263円÷30日=約208.767円

208円を基準にすると

9月8日は

例年より27円分の節電です。

9月9日は

例年より61円分の電気使い過ぎです。

9月10日は

例年より11円分の節電です。

9月11日は

例年より56円分の節電です。

9月12日は

例年より10円分の節電です。

9月13日は

例年より19円分の節電です。

9月14日は

例年より20円分の節電です。

この1週間は82円、例年より

節電できました。

涼しくなってきて、エアコンの使用が

減ったのが大きな要因です。

9月1日~14日までの実績

発電量=130.67kwh

売電量=98.61kwh

売電額=3,747.18

売電比率=75.47

・電気代削減額(発電-売電×31.97円)

1,024.958円

・経済効果(売電額+電気代削減額)

4,772.138円

・1日平均発電量=9.334kwh

・シミュレーション値達成までに必要な

1日の平均発電量=12.067kwh

・シミュレーション値達成率=77.35%

・夜の電気代=112.53kwh(1,242.331円)

・昼の電気代=59.30kwh(1,895.821円)

・電気代合計=3,138.152円(3,138円)

※実際の電気代は上記に基本使用料等が

加算されます。 割引と合わせて、

+1,400円ぐらいです。

過去4年の9月の1ヶ月平均電気使用量は

・夜の電気代=2,664円

・昼の電気代=3,599円

過去4年の8月の1ヶ月電気代最高値は

・夜の電気代最高値=2,789円(2016年)

・昼の電気代最高値=3,786円(2016年)

設置してからの収入額

1,712/3,652日経過 46.88%

総売電額=709,938円/1,338,400円

売電額に対する償却率=53.04%

経済効果額=839,109円/1,338,400円

経済効果に対する償却率=62.69%

まとめ

9月8日(土)~9月14日(金)

ヤバいぐらい晴れない・・・

梅雨みたいな感じで、

毎日雨か曇りが続きました。

今後もあまり期待できないので

9月のシミュ値達成は絶望的かも・・・?

最後まで読んで下さり

有難うございます。

応援宜しくお願いします。

▼こちらは太陽光を導入する時にお世話になった比較サイトです▼





2017年度の太陽光設置のメリット・デメリットを紹介しています。


2009年から始まった固定買取制度(FIT)が2019年で10年を迎えます。
太陽光を設置してからの10年後が明らかになるときです。
是非注目していきましょう。

2017年の発電記録まとめ記事です。

2017年メーカー別の特徴をまとめました。

売電量(売電比率)を増やす方法を紹介しています。

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
△ポチッと応援お願いします。△
※Ctrlボタンを押しながらクリックするとリンク先に飛びません
 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする