太陽光:発電量・売電額・etc・・・(H30年7月2日~7月8日)

新着記事

こんにちはアパッチです。

先週の記録的な大雨で、

今週は晴れてるにも関わらず、

被害が大きくなってきています!

未だ、行方不明者が見つからず、

被害の大きさを痛感しています!

高知県大豊町の高速道路の橋が土砂で流され

川之江~大豊間が通行止めだったのですが、

13日に解除になり、対面通行ですが、

通れるようになるそうです!

最近、高知に出張が多かったので、

助かります!!!

それでは、先週の発電を見て行きましょう!

▽2018年5月現在の太陽光発電の設備金額相場を紹介しています▽

▽太陽光発電を1円でも安く設置する方法を紹介しています▽

▽太陽光発電を容量別に利益額を紹介しています▽

▽太陽光発電を設置した経緯を紹介しています▽

スポンサーリンク

6月の実績

6月のシミュレーション値は398kwです。

6月の総発電量は494.77kwh

6月はシミュレーション値に対して、

96.77kwh プラス で終了しました。


2018年6月の発電記録 記事一覧です。
よかったら参考にして下さい。

7月のシミュレーション値

7月のシミュレーション値は494kwhです。

7月のシミュレーション値達成まで

あと423.08kwh必要です。

7月の発電記録 記事一覧です。
よかったら参考にして下さい。

7月2日~7月8日の実績

7月2日の発電量


発電量=18.59kwh

売電量=15.33kwh

7月3日の発電量

発電量=6.34kwh

売電量=4.11kwh

7月4日の発電量

発電量=10.89kwh

売電量=8.92kwh

7月5日の発電量

発電量=3.15kwh

売電量=1.20kwh

7月6日の発電量

発電量=1.40kwh

売電量=0.14kwh

7月7日の発電量

発電量=2.14kwh

売電量=0.55kwh

7月8日の発電量

発電量=11.79kwh

売電量=7.69kwh

7月2日~7月7日の電気使用料

7月2日の電気使用量

夜間の電気使用量(23時~7時)=6.99kwh

6.99kwh × 11.04円=77.170円

昼間の電気使用量(7時~23時)=2.16kwh

2.16kwh × 31.97円=69.055

計146.225円(146円)

でした。

7月3日の電気使用量

夜間の電気使用量(23時~7時)=6.33kwh

6.33kwh × 11.04円=69.883円

昼間の電気使用量(7時~23時)=4.24kwh

4.24kwh × 31.97円=135.553

計205.436円(205円)

でした。

7月4日の電気使用量

夜間の電気使用量(23時~7時)=8.99kwh

8.99kwh × 11.04円=99.250円

昼間の電気使用量(7時~23時)=3.86kwh

3.86kwh × 31.97円=123.404

計222.654円(222円)

でした。

7月5日の電気使用量

夜間の電気使用量(23時~7時)=8.28kwh

8.28kwh × 11.04円=91.411円

昼間の電気使用量(7時~23時)=5.45kwh

5.45kwh × 31.97円=174.237

計265.648円(265円)

でした。

7月6日の電気使用量

夜間の電気使用量(23時~7時)=7.81kwh

7.81kwh × 11.04円=86.222円

昼間の電気使用量(7時~23時)=4.46kwh

4.46kwh × 31.97円=142.586

計228.808円(228円)

でした。

7月7日の電気使用量

夜間の電気使用量(23時~7時)=7.79kwh

7.79kwh × 11.04円=86.002円

昼間の電気使用量(7時~23時)=3.83kwh

3.83kwh × 31.97円=122.445

計208.447円(208円)

でした。

7月8日の電気使用量

夜間の電気使用量(23時~7時)=7.30kwh

7.30kwh × 11.04円=80.592円

昼間の電気使用量(7時~23時)=4.14kwh

4.14kwh × 31.97円=132.356

計212.948円(212円)

でした。

例年の電気使用料との比較

7月の過去4年の平均電気使用料は

月約7,351円なので、1日当たりは

7,351円÷31日=約237.13円

237円を基準にすると

7月2日は

例年より91円分の節電です。

7月3日は

例年より32円分の節電です。

7月4日は

例年より22円分の節電です。

7月5日は

例年より28円分の電気使い過ぎです。

7月6日は

例年より9円分の節電です。

7月7日は

例年より29円分の節電です。

7月8日は

例年より25円分の節電です。

7月1日~8日までの実績

発電量=70.92kwh

売電量=49.94kwh

売電額=1,897.72

売電比率=70.42

・電気代削減額(発電-売電×31.97円)

670.731円

・経済効果(売電額+電気代削減額)

2,568.451円

・1日平均発電量=8.865kwh

・シミュレーション値達成までに必要な

1日の平均発電量=15.935kwh

・シミュレーション値達成率=55.63%

・夜の電気代=60.85kwh(671.784円)

・昼の電気代=32.32kwh(1,033.270円)

・電気代合計=1,705.054円(1,705円)

※実際の電気代は上記に基本使用料等が

加算されます。 割引と合わせて、

+1,400円ぐらいです。

過去4年の7月の1ヶ月平均電気使用量は

・夜の電気代=2,716円

・昼の電気代=4,635円

過去4年の5月の1ヶ月電気代最高値は

・夜の電気代最高値=2,962円(2017年)

・昼の電気代最高値=5,182円(2017年)

設置してからの収入額

1,649/3,652日経過 45.15%

総売電額=680,320円/1,338,400円

売電額に対する償却率=50.83%

経済効果額=799,301円/1,338,400円

経済効果に対する償却率=59.72%

まとめ

7月2日(月)~7月8日(日)

先週の1週間は、

知っての通り、集中豪雨で、

雨が降る日が多く、発電はダメダメでした!

これからの巻き返しに期待です!

最後まで読んで下さり

有難うございます。

応援宜しくお願いします。

▼こちらは太陽光を導入する時にお世話になった比較サイトです▼



太陽光発電の一括見積もり

2017年度の太陽光設置のメリット・デメリットを紹介しています。


2009年から始まった固定買取制度(FIT)が2019年で10年を迎えます。
太陽光を設置してからの10年後が明らかになるときです。
是非注目していきましょう。

2017年の発電記録まとめ記事です。

2017年メーカー別の特徴をまとめました。

売電量(売電比率)を増やす方法を紹介しています。

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
△ポチッと応援お願いします。△
※Ctrlボタンを押しながらクリックするとリンク先に飛びません
 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする