太陽光発電各メーカーの特徴:ソーラーフロンティア

新着記事

こんにちはアパッチです。

今回から各メーカーの特徴を

紹介していきたいと思います。

まずは、我が家にも搭載してる、

「ソーラーフロンティア」

太陽光に興味が無い人は

あまり知らないメーカーかも知れませんね・・・

ですが、太陽光のメーカーでは有名なメーカーです。

評価の高いので言えば・・・

①実発電量がTOPクラス

②価格が安い

③国産メーカー

デメリットの部分では

①変換効率が悪い

等があります。

それでは順番に説明していきます。

スポンサーリンク

①実発電量がTOPクラス

ソーラーフロンティアは

CIS太陽電池で、

主成分に銅(Copper)

インジウム(Indium)

セレン(Selenium)を使用し、

3つの頭文字からCISと呼ばれています。

なぜ実発電量が多いのか?

それには3つの理由があります。

1.高温時の出力ロスが少ない

太陽電池は25℃の時にもっとも発電し、

温度が上がったり下がったりすると

出力が低下する傾向があります。

夏場のパネルは暑いときは60℃~80℃にもなり、

温度の影響はかなり大きくなります。

結晶系太陽電池の場合、

75℃のときにおよそ最大出力の80%ほどまで低下しますが、

CIS系太陽電池の場合には85%ほどにとどまり、

結晶系太陽電池よりも出力の低下を抑えることができます。

2.部分的な影の影響が少ない

結晶系太陽電池はパネル同士の接続の構造上、

影がかかると影がかかったパネル以外にも

影響が出てきてしまいます。

CIS系太陽電池は、パネル同士が影響しない

構造になっているため、

影の影響が結晶系太陽電池に比べて少なくなります。

3.太陽光に当てると実際の出力がUP

結晶系太陽電池は、

出荷時が一番変換効率が高くなりますが、

CIS系太陽電池は太陽光にさらされることによって、

10日ほどかけて出力が最大10%ほど上昇する

「光照射効果」という特性があります。

そのため、出荷時の出力よりも多く発電するのです。

4.朝夕でも発電効率の劣化が少ない

朝方と夕方は空が赤くなりますが、

これは太陽から届くエネルギーが昼間に比べて

オゾン層によって制限されるために起こります。

この時、結晶系太陽電池は発電効率が

著しく低くなりますが、

CIS系太陽電池は制限された光でもある程度

発電する特性がありますので、

結晶系太陽電池に比べて多く発電します。

ソーラーフロンティアのパネルが黒いのはこの特性によるものです。

以上の事から、結晶系太陽電池のパネルに比べて

実発電量が多いと言えます。

②価格が安い

ソーラーフロンティアの価格帯は、

低めに設定されてます。

2017年度では、ほとんどの業者が

1kwあたり30万円を下回ってます。

③国産メーカー

日本のメーカーであっても、

製造を海外を拠点としてるメーカーが多い中、

ソーラーフロンティアは日本製にこだわって

製造を続けている数少ないメーカーです。

それでは、デメリットの部分を見て行きましょう。

①変換効率が悪い

変換効率とは、発電設備がエネルギー源を

どれだけ電力に変換することができるかが

分かる指標のことを言います。

例えば1m四方のパネルがあったとすると、

そのパネル1枚の出力が180Wなら

その効率は18%になります。

単結晶パネルの最高が20%を

超えるものがありますが、

ソーラーフロンティアはその効率が

14%ぐらいしかありません。

簡単に言えば、面積の割に容量が少ないって事です。

じゃあ、何がデメリットか・・・?

同じ4kwの容量を載せるにしても、

屋根の広さが居るって事です。

ちなみに我が家は、東芝なら6kwのパネルが

載るよって言われました。

が、費用対効果を重視して、あえて、

「ソーラーフロンティア」を選んだわけですが・・・

「ソーラーフロンティア」のデメリット

と言えばこのぐらいかな・・・

「ソーラーパートナーズ」のサイトでは

太陽光に関しての情報がたくさんあるので

参考になりますよ!

僕も、勉強させてもらいました・・・

太陽光一括見積りサイト
タ イ ナ ビ
太陽光一括見積りサイト
ソーラーパートナーズ




100万人が利用した一括見積りサイトです。
太陽光を検討してる人の中で、100万人って言う数字は信頼できるサイトって言う証拠です!
依頼も簡単に出来ますよ!!
審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した上で、お客様評価が高い優良業者しか紹介していません。 なので、地域によったら、紹介出来る業者が少ない、または無いかも知れません。

次回も引き続き、各メーカーの特徴を紹介します。

最後まで読んで頂き有難うございます。

これからも宜しくお願いします。

トップページ

太陽光発電を1円でも安く設置するための4カ条

2017年度太陽光発電のメリット

2017年度太陽光発電のデメリット

太陽光発電の容量別による利益額

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
△ポチッと応援お願いします。△

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする