太陽光発電を1円でも安く設置する4カ条

新着記事

こんにちはアパッチです。

今回から、発電量・売電量の報告は、

週間もしくは月間にまとめて発信しようと思います。

その分、太陽光や、それに関連した有益な情報等を

発信していこうと思います。

もし、発電量が知りたい方は、コメントを頂けたら、

お教えします。

今後とも「太陽光ソーラーフロンティアと共に・・・in徳島」

をよろしくお願いします。

今回はまず、

太陽発電を1円でも安く設置する4カ条

を紹介します。

太陽光の設置を検討してる人は、

一番有益な情報になると思います。

凄く簡単な事ですので、是非挑戦してみて下さい。

いきなりですが、食品や日用品を買う時は、

皆さんはどうしますか?

広告を見て、1円でも安い店を探してから買い物に出掛ける人、

いつもの買い物してる店で購入してる人・・・

色々あると思います。

値段が安い物なら、1割・2割高かろうが、気にならない程度かも知れません。

それでは価格の高価な太陽光ではどうか?

100万以上する太陽光発電の設置・・・

1割高いだけでも10万も高くなってしまいます。

それを阻止するためにどうすれば良いか?

スポンサーリンク

1. 一括見積りサイトを利用する。

安く設置するのに、一番重要な行動です。

食品や日用品を買うのに、広告を見て比較し、

安い所で買うって言う作業ですね!

まずは、一括見積りサイトを使えば、

そのサイトから、業者に連絡が行き、

こちらから連絡しなくても、業者から連絡をしてくれます。

3~5ヶ所から連絡が入ると思います。

なぜ比較見積りサイトを通した方が良いのか?

それは比較見積りサイトを通すことで、

連絡を受けた業者は比較されてるのがわかります。

比較見積りなので、めちゃくちゃな金額は出てきません。

しかも比較サイト「タイナビ」や「ソーラーパートナーズ」は

優良企業との連携とされてます。

僕がお世話になった比較見積りサイトです。

 太陽光一括見積りサイト
タ イ ナ ビ
 太陽光一括見積りサイト
ソーラーパートナーズ
 

 

 100万人が利用した一括見積りサイトです。
太陽光を検討してる人の中で、100万人って言う数字は信頼できるサイトって言う証拠です!
依頼も簡単に出来ますよ!!
審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した上で、お客様評価が高い優良業者しか紹介していません。 なので、地域によったら、紹介出来る業者が少ない、または無いかも知れません。

2. 自分自身でも見積りを取る

比較見積りサイトでは3~5ヶ所の業者を

紹介してくれるのですが、

やはり自分自身でも見積りを取る事を

推奨します。

この作業も、結構重要で、後々生きてきます。

ネットで「太陽光・激安」で検索すれば

沢山の業者が出てきます。

スタ〇電器や和光〇電気、エコ〇輪等など

出来れば4~5ヶ所ぐらい見積りを取ることをおススメします。

3. 2~4社に絞る

これで、10社前後の見積りが集まったと思います。

この中から、2~3社に絞ります。

安いけど保障が充実されてない業者や

保障は充実してるが価格が高い業者、

施工内容等、見積り内容を吟味し、

2~4社に絞ることを推奨します。

4. 競合させる。

ほとんどの業者は、値引き分を上乗せして、

見積りを出しています。

家電量販店と同じ感覚です。

以前ヤ〇ダ電機で電子辞書を買った時の話です。

僕は、電気製品を買う時は、最安値をチェックして、

量販店に向かいます。

携帯を握りしめ、最安値を画面に出して、

店員を呼び、価格交渉をします。

すると、店員は駆け引きせずに

限界の値段を提示してくると思います。

ちなみに電子辞書は店頭価格50000円強だったのが、

店員が提示してきた価格は、いきなり28000円・・・

およそ半額ですよ!

しかも、カバーまで付けてもらっちゃた!

知らない人は50000円で買ってると思います。

それだけ違いが出るんですよ!!

何が言いたいのか?

提示された見積りそのままで契約するのは

ナンセンスって言う事です。

業者を絞った後は、

「A業者の価格はいくらで、保障がこれだけ付いてますよっ」

て大げさに言っても良いと思います。

そこから、駆け引きが始まります。

我が家の場合は最終2社での競合でした。

大手業者と近場の業者です。

保障も内容も全く同じで、価格が3万の差・・・

大手業者にお願いしようとしたのですが、

近場の業者が最後に3万を引いてくれるとの事で、

更に軒先カバーも交渉で付けてくれるようになったので、

何かあった時には近場の業者が良いかなと思い、

近場の業者に決めました。

出てきた見積りは有効に使う事で、

更なる値引きに繋がる事が多いです。

ここまですれば、最安に近い値段になってると思います。

太陽光の設置はメリットがあればデメリットもあります。

それを踏まえて太陽光の設置を検討して下さい。
2017年度太陽光発電のメリット
2017年度太陽光発電のデメリット

10年後の売電価格が気になる方は
2019年問題

最後まで読んで下さり有り難うございます。

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
△ポチッと応援お願いします。△

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする