オール電化とガス、上手な選び方

新着記事

こんにちはアパッチです。

太陽光発電と相性の良い、

「オール電化」

新築や光熱費の見直しで、

「オール電化」を採用してる

家庭も多いと思います。

ホントに「オール電化」は安いのか?

「オール電化」の方が光熱費が安くなるには

条件があるようです。

スポンサーリンク

オール電化のメリット

1.ガス代が掛からない

オール電化は全て電気で賄いますから、

当然、ガス代・ガス基本料金は掛かりません!

2.深夜電力で電気代を節約できる!

オール電化にすると、

深夜電力が安くなるプランが利用できるため

エコキュート等、

深夜に湯を沸かしたりするのに、

電気代を安くすることが出来ます。

3.震災の際は復旧が早い

震災の際などは、電気・ガス・水道

の中でも、電気の復旧が

一番早いとされています。

4.災害時は給湯タンクの水やお湯を

利用する事が出来る

エコキュートや電気温水器には

貯水タンクがあり、

飲用水としては利用できませんが、

災害時には生活用水として

利用する事ができます。

5.ガスよりも火災に対する安全性が高い

IHクッキングヒーターは火を使わない為、

衣類などへの着火事故が起こりません!

ただ、調理器具が異常加熱した場合、

発火の危険性は有ります。

6.調理器具のお手入れが楽

ガスコンロよりお手入れが楽です。

7.住宅内に熱源を持たない

ガスのように、住宅内に熱源を

引き込まない為、ガス漏れや

不完全燃焼による一酸化中毒の

心配はありません!

8.室内空気が汚れない

ガスの場合は火を使うので、

空気中に二酸化炭素を増加させますが、

IHクッキングヒーターは

室内空気を汚しません。

9.火災保険がお得

火災保険の会社によれば、

「オール電化割」と言って、

1割以上、火災保険が安くなる

場合があります。

オール電化のデメリット

1.昼間の電気代が高くなる

オール電化向けの電力会社のプランは、

深夜電力を安くしてる代わりに、

昼間の電気代が高く設定されています。

2.調理器具が限定される

IHクッキングヒーターでは

IH用の調理器具しか使用できません。

ガスに比べると、使える調理器具は

限定されてしまいます。

3.停電時に困る

停電になると、

何もできなくなる可能性が・・・

4.設置コストが高額

オール電化は、設置費用が高額です。

5.調理の火力の不満

IHクッキングヒーターは

火を使わない為、

湯を沸かすぐらいなら、

何ら問題は無いですが、

炒め物などをする時は、

火力に不満を覚える方もいます。

6.貯湯タンク設置スペースの確保

敷地内にエコキュートの設置スペースが

必要になります。

7.衛生面の問題

エコキュートはタンクに貯水するので、

タンクに貯水されたお湯は、

そのまま飲用水にはできず、

一度、沸騰させなければなりません。

8.電磁波問題

IHクッキングヒーターを使用した際の

電磁波が正式に人体に

無害であるというのは解っておらず、

電磁波の人体への影響が指摘、

問題視されている例もあります。

オール電化は本当に安い?

オール電化は本当に安いのか?

先ほどのデメリットにも出てきましたが、

オール電化は設置費用が高いと言う

デメリットがあります。

オール電化の相場では40万~70万

業者選びでも、差が出てきそうです。

太陽光設置の時にオール電化に

変更しようと考えてる方は

こちらの比較サイトで見積りして見ては

如何でしょうか?

太陽光発電の一括見積もり

確かにLPガスを利用してる家庭と比べれば、

毎月のガス代、基本料が一本化できるので、

まず、ガスの基本料が要らなくなるのと、

電気代とガス代を比較しても、

ガス代が1.8倍ぐらい高いので、

オール電化の設置費が高くても、

10年以内には十分、

元が取れる計算になります。

ただ、LPガスも契約会社を

変更する事により、今の金額より、

安くなる場合があります。

一度、見直してみてはいかがでしょうか?

enepi(エネピ)

しかし、都市ガスを利用してる

家庭に比べると、都市ガスは基本料金も安く、

ガス代もLPガスの1/3程度なので、

電気代よりも安く、オール電化の設置費用を

回収する事は難しいと言えるでしょう!

都市ガスを利用できる地域の方は

都市ガスと太陽光発電の組み合わせが

一番お得になりそうです。

安くガスを使って、高い電気を売った方が

利益率は上がりますから・・・

まとめ

「太陽光を設置するのに、

オール電化の方がお得になりますよ」

って、業者の方が勧めてくる

場合もあるかと思います。

でも、実際は一概には言えません。

オール電化は初期費用が高く、

リースって言う手もありますが、

リースするぐらいなら、

LPガスを少しでも安く利用する方法を

考えた方が得策に思います。

また、電気料金もいつ値上げをするかも

わからないし、寒冷地では、

あまりお得になるとも言えません。

オール電化・ガス共に、光熱費だけの

メリット・デメリットではないので

良く考えた上での設置をお勧めします。

オール電化に変更した場合は

電力会社の料金プランをシミュレーションし、

料金プランの変更を

忘れないようにして下さい。

最後まで読んで下さり

有難うございます。

応援宜しくお願いします。

▼こちらは太陽光を導入する時にお世話になった比較サイトです▼





2017年度の太陽光設置のメリット・デメリットを紹介しています。


2009年から始まった固定買取制度(FIT)が2019年で10年を迎えます。
太陽光を設置してからの10年後が明らかになるときです。
是非注目していきましょう。

2017年の発電記録まとめ記事です。

2017年メーカー別の特徴をまとめました。

売電量(売電比率)を増やす方法を紹介しています。

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
△ポチッと応援お願いします。△
※Ctrlボタンを押しながらクリックするとリンク先に飛びません
 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする