2019年問題について

その他

新着記事

太陽光発電各メーカーの特徴:パナソニック

こんにちは、アパッチです。 今回は有名な電気メーカー 「パナソニック」の太陽光発 ...

太陽光発電各メーカーの特徴:ソーラーフロンティア

こんにちはアパッチです。 今回から各メーカーの特徴を 紹介していきたいと思います ...

太陽光発電の容量別による利益額

こんにちはアパッチです。 太陽光を設置するに当たり、 パネルによって、屋根に乗る ...

スポンサーリンク

こんにちはアパッチです。

「太陽光発電の売電が出来なくなる?」

この問題は2009年から始まった、

電力固定買取制度が、

2019年に、10年の期限を満了する問題です。

今回は、この2019年問題について、

アパッチの考え方を言って行きます。


太陽光発電の相場や安く設置する方法を公開してます。
是非参考にして下さい。

スポンサーリンク

2019年問題とは

福田内閣時代の2009年11月から、

「FIT制度(再生可能エネルギーの固定価格 買取制度)」が

始まりました。

2009年の買取価格は・・・

怒涛の48円です。

この48円と言う値段・・・買電のおよそ2倍・・・

破格の売電価格です。

ただ、2009年当時の太陽光設備は

高額なものでした。

その太陽光発電設備が、下がるにつれ、

固定買取価格も下がり、

2017年では28円になりました。

FIT制度・・・

10kwh未満の設備は10年の固定買取価格を保証され、

10kwh以上の設備は20年の固定買取価格が保証されています。

早くに太陽光発電をしてるお宅では、

2009年11月から始まって、10年の固定買取価格の保証・・・

そう、2019年11月に、固定買取制度の保証が終わっちゃうんです。

発電してるお宅は、どうなるか注目を集めてます。

 

固定買取終了後は?

FIT制度終了後、どうなるか?

大きく分けて、4パターンあるかな?

①買取制度が終わり、余った電気は垂れ流し捨てる!

②買取制度は継続するが、売電単価が買電単価と同等になる。

③買取制度は継続するが、売電単価が買電より下がる。

④買取制度は継続し、売電単価も継続する。

アパッチの考えでは、

①はまず無いと思ってます。

④も無いですね

考えられるのは、②か③です。

買電単価と同等か、それ以下になるかです。

あくまで、アパッチの考えですよ!!

 

固定買取終了後どうするのが得策か?

アパッチが住んでる徳島は、四国電力の管轄ですが、

買電単価は、昼間1kwh当たり26.64円です。

夜間は1kwh当たり10.14円ですが、

仮に買電が10円になれば

アパッチ宅では、年間5000kwh弱、

売電は4000kwh弱で

年間40000円程度の収入が見込めます。

10年で400000円見込めます。

蓄電池で、昼間余った電気を貯めて、

夜に使う・・・

アパッチは、この蓄電池が納得いかないんです。

だって、買取制度が10円あれば、年間40000円の利益、

昼の電気を夜に補ったところで、1kwh当たり11.04円です。

余った電気を全て貯めれても、4000kwh×11.04円で44000円です。

蓄電池は買取制度が中止になる、もしくは、夜間の電気代が上がる・・・

となれば、考えても良いですが、

安くても、買取制度が続く以上は、蓄電池は必要ないと考えます。

今でも、0ホームなどで、太陽光と蓄電池を

一緒に売ろうとする業者がありますが、

売電価格が28円あるのに、

売らずに貯めて、夜使うって・・・

災害の時には役に立つかも知れませんが、

アパッチなら勿体無くて・・・

しかも、蓄電池は、今でも結構なお値段が・・・

エコには良いと思いますが、

エコだけでは損は出来ません。

 

まとめ

2019年問題、アパッチ的には、余り気にしていません。

買取は値段が下がるにせよ、続くと思ってるから・・・

しかも10年後には元は取れてるので、

どう転ぼうと、致命的な結果にはなりません!!

2019年11月・・・

どうなるかは注目はしますけど・・・

 

最後まで読んで頂き有難うございます。

 

▼こちらは太陽光を導入する時にお世話になった比較サイトです▼





 

 

過去の年間総発電量

 

年間発電量の一覧です。

よかったら参考にして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
▲ポチッと応援お願いします。▲

 

 

スポンサーリンク