パネル清掃で発電アップ

新着記事

こんにちはアパッチです。

今日は、朝から曇り空、8時前には、

パラパラと雨も降ってきて、

今日の発電も、厳しいかな~

と思ってると・・・

希望の光が・・・

10時ぐらいから青空が見えてきました。

雲は多いので、それほど期待できないかも

知れませんが、

絶望的な状況じゃないみたいです。

お願いだから晴れてくれ~!!!

昨日のまとまった雨で、

パネルも綺麗に掃除されたと思います。

この時期は花粉やPM2.5等の、

汚れが付きやすい時期で、

パネルが汚れる事によって、

発電に影響が出てきます。

って言っても、数%ですが・・・

過去の発電量と現在の発電量を見比べて、

明らかに発電量が減ってるなら、

経年劣化もあるので一概には言えませんが、

一度、設置業者に相談してはいかがでしょうか?

でっかい鳥フンがいっぱいついてるかも・・・(笑)

雨でも中々落ちない汚れもありますから・・・

掃除する事で、発電量はアップします。

スポンサーリンク

3月の実績

3月のシミュレーション値は338kwです。

3月の総発電量は468.69kwhで、

3月はシミュレーション値に対して、

130.69kwh プラス で終了しました。


2018年3月の発電記録 記事一覧です。
よかったら参考にして下さい。

4月のシミュレーション値

4月のシミュレーション値は427kwhです。

4月のシミュレーション値達成まで、

あと3.08kwh必要です。

4月の発電記録 記事一覧です。
よかったら参考にして下さい。

4月24日の実績

4月24日の発電量

発電量=3.69kwh

売電量=1.80kwh

4月24日の電気使用料

4月24日の電気使用量

夜間の電気使用量(23時~7時)=8.26kwh

8.26kwh × 11.04円=91.190円

昼間の電気使用量(7時~23時)=1.77kwh

1.77kwh × 26.64円=47.153

計138.343円(138円)

でした。

例年の電気使用料との比較

4月の過去4年の平均電気使用料は

月約6,263円なので、1日当たりは

6,263円÷30日=約208円

208円を基準にすると

4月24日は

例年より70円分の節電です。

4月1日~24日までの実績

発電量=423.92kwh

売電量=360.58kwh

売電額=13,702.04

売電比率=85.06

・電気代削減額(発電-売電×26.64円)

1,687.378円

・経済効果(売電額+電気代削減額)

15,389.418円

・1日平均発電量=17.663kwh

・シミュレーション値達成までに必要な

1日の平均発電量=14.233kwh

・シミュレーション値達成率=124.10%

・夜の電気代=223.56kwh(2,468.102円)

・昼の電気代=76.48kwh(2,037.427円)

・電気代合計=4,505.529円(4,505円)

※実際の電気代は上記に基本使用料等が

加算されます。 割引と合わせて、

+1,400円ぐらいです。

過去4年の4月の1ヶ月平均電気使用量は

・夜の電気代=3,484円

・昼の電気代=2,778円

過去4年の3月の1ヶ月電気代最高値は

・夜の電気代最高値=3,560円(2017年)

・昼の電気代最高値=3,131円(2014年)

まとめ

4月24日(火)は、

朝から雨が終日まで降り続き、

発電もほとんどしない状態でした。

今日の昼ぐらいから、

徐々に天気は回復する予報なのと、

昨日の雨でパネルの掃除が出来たと思うので、

これからの発電量に期待です!

残り、あと6日間・・・

シミュレーション値まで、約3kwh・・・

目標値まで約60kwh・・・

はたして!4月は過去4年の平均値を

無事達成する事が出来るか?

乞うご期待!!

最後まで読んで下さり

有難うございます。

応援宜しくお願いします。

▼こちらは太陽光を導入する時にお世話になった比較サイトです▼





2017年度の太陽光設置のメリット・デメリットを紹介しています。


2009年から始まった固定買取制度(FIT)が2019年で10年を迎えます。
太陽光を設置してからの10年後が明らかになるときです。
是非注目していきましょう。

2017年の発電記録まとめ記事です。

2017年メーカー別の特徴をまとめました。

売電量(売電比率)を増やす方法を紹介しています。

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
△ポチッと応援お願いします。△
※Ctrlボタンを押しながらクリックするとリンク先に飛びません
 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする