太陽光発電を設置してからの10年後・・・

新着記事

こんにちは能天気なアパッチです。

今日も朝から良い天気で、

気持ちの良い朝になってます。

天気が良いって気分も良いですね!

太陽光発電を設置を考える時に、

価格はもちろんのことですが、

10年後の不安もあるかと思います。

10年後、売電が終了した後、

電力会社が買い取ってくれなかったら・・・

仮にそうなったら、

使用してる電気は良いにしても、

余った電気は、捨てるしかない!

しかも、10年後パワコンが壊れてしまったら、

買い替えるのに、多額の出費が必要です。

そこで、ハイブリット蓄電池はどうでしょうか?

パワコンが壊れた時に、買い換えるなら、

ハイブリット蓄電池にすれば、

パワコンは要らないし、

昼間電気を貯めて、夜使う事も出来ます。

災害時にも貢献しそうですし・・・

ただ、今は値段が高いので、手が出ませんが、

5年後、10年後・・・

もっともっと安くなってると思います。

太陽光発電の設置を考えてる人は、

10年後、売電が出来る出来ないを考えず、

まず、10年で元が取れるかどうかだけを

考えたら、気が楽になるんじゃないでしょうか!

あと1年で2019年問題に突入し

売電の動向が伺えるかもしれませんが、

1年待ってると、また売電価格も下がり、

10年で元を取るのが難しくなりますよ!

10年後の事なんて、

どうなるか解らないですから・・・

スポンサーリンク

3月の実績

3月のシミュレーション値は338kwです。

3月の総発電量は468.69kwhで、

3月はシミュレーション値に対して、

130.69kwh プラス で終了しました。


2018年3月の発電記録 記事一覧です。
よかったら参考にして下さい。

4月のシミュレーション値

4月のシミュレーション値は427kwhです。

4月のシミュレーション値達成まで、

あと119.27kwh必要です。

4月の発電記録 記事一覧です。
よかったら参考にして下さい。

4月18日の実績

それでは、4月18日の発電量です。

発電量=23.21kwh

売電量=20.84kwh

でした。

4月17日の電気使用料

夜間の電気使用量(23時~7時)=9.55kwh

9.55kwh × 11.04円=105.432円

昼間の電気使用量(7時~23時)=3.05kwh

3.05kwh × 26.64円=81.252

計186.684円(186円)

でした。

4月の過去4年の平均電気使用料は

月約6,263円なので、1日当たりは

6,263円÷30日=約208円

208円を基準にすると

例年より22円分の電気使い過ぎです。

4月1日~18日までの実績

発電量=307.73kwh

売電量=261.86kwh

売電額=9,950.68

売電比率=85.09

・電気代削減額(発電-売電×26.64円)

1,221.977円

・経済効果(売電額+電気代削減額)

11,172.657円

・1日平均発電量=17.096kwh

・シミュレーション値達成までに必要な

1日の平均発電量=14.233kwh

・シミュレーション値達成率=120.12%

・夜の電気代=169.67kwh(1,873.157円)

・昼の電気代=60.98kwh(1,624.507円)

・電気代合計=3,497.664円(3,497円)

※実際の電気代は上記に基本使用料等が

加算されます。 割引と合わせて、

+1,400円ぐらいです。

過去4年の4月の1ヶ月平均電気使用量は

・夜の電気代=3,484円

・昼の電気代=2,778円

過去4年の3月の1ヶ月電気代最高値は

・夜の電気代最高値=3,560円(2017年)

・昼の電気代最高値=3,131円(2014年)

まとめ

4月18日(水)は、

一日中晴れの天気で、

今年の最高記録を更新しました。

日曜日まで天気は良さそうなので、

更なる更新、期待出来そうです。

さて!4月はシミュレーション値を

無事達成する事が出来るか?

乞うご期待!!

最後まで読んで下さり

有難うございます。

応援宜しくお願いします。

▼こちらは太陽光を導入する時にお世話になった比較サイトです▼





太陽光発電の相場や安く設置する方法を公開してます。
是非参考にして下さい。


2017年度の太陽光設置のメリット・デメリットを紹介しています。


2009年から始まった固定買取制度(FIT)が2019年で10年を迎えます。
太陽光を設置してからの10年後が明らかになるときです。
是非注目していきましょう。

2017年の発電記録まとめ記事です。

2017年メーカー別の特徴をまとめました。

売電量(売電比率)を増やす方法を紹介しています。

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
△ポチッと応援お願いします。△
※Ctrlボタンを押しながらクリックするとリンク先に飛びません
 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする