太陽光発電記録:H30年3月のトータル発電

新着記事

こんにちはアパッチです。

2018年3月のトータルの発電記録を

報告します。

今年の3月は、序盤、中盤と天気の

崩れる日があり、3月の平均値を

切ってしまうかと思われましたが、

終盤、連続の晴れで、20kwhオーバーが

続き、何とか平均値は達成出来ました。

4月もこの調子で、いやそれ以上の発電

頑張ってほしいものです。

スポンサーリンク

3月のシミュレーション値

3月のシミュレーション値は338kwhです。

シミュレーション値達成しました。

3月シミュレーション値に対し、

130.69kwh余分に発電 してます。

3月の発電記録 記事一覧です。
よかったら参考にして下さい。

3月の実績

それでは、2月の発電量です。


発電量=468.69kwh

売電量=392.46kwh

売電額=14,913.48

・売電比率=83.74%

自家消費額(発電-売電×26.64円)

2,030.767円

経済効果(売電額+電気代削減額)

16,944.247円

・シミュレーション値達成率=138.67%

3月の電気使用料

・夜の電気代=369.33kwh(4,077.403円

・昼の電気代=127.01kwh(3,383.546円

・電気代合計=7,460.949円(7,460円

過去4年の3月の1ヶ月平均電気使用量は

・夜の電気代=4,525円

・昼の電気代=4,257円

過去3年の2月の1ヶ月電気代最高値は

・夜の電気代最高値=4,986円(2017年)

・昼の電気代最高値=4,893円(2017年)

例年より1,322円分の

    節電です。

まとめ

2014年3月の発電量=450.25kwh

2015年3月の発電量=435.86kwh

2016年3月の発電量=474.30kwh

2017年3月の発電量=448.09kwh

で、

2018年3月の発電量=468.69kwh

です。

2018年は過去4年に比べ、

2016年に次ぐ発電となりました。

4月は、シミュ値を達成できるのか?

乞うご期待!!

最後まで読んで下さり

有難うございます。

応援宜しくお願いします。

太陽光発電の相場や安く設置する方法を公開してます。
是非参考にして下さい。

2017年度の太陽光設置のメリット・デメリットを紹介しています。

2009年から始まった固定買取制度(FIT)が2019年で10年を迎えます。
太陽光を設置してからの10年後が明らかになるときです。
是非注目していきましょう。

▼こちらは太陽光を導入する時にお世話になった比較サイトです▼





過去の年間総発電量

年間発電量の一覧です。

よかったら参考にして下さい。

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
△ポチッと応援お願いします。△
※Ctrlボタンを押しながらクリックするとリンク先に飛びません
 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする