太陽光発電記録:H30年1月24日分

新着記事

こんにちはアパッチです。

1月25日(木)今日の天気は

曇り時々晴れの天気です。

実際は、良く晴れてくれてます。

若干日差しは弱い気もしますが・・・

それより、めっちゃ寒いです。

最低気温 -2℃・・・はぁ?

最高気温 4℃・・・マジで・・・?

って感じで、寒すぎです!!

今年の冬は、寒すぎです。

エアコンの電気代も爆発中ですし・・・

あと1ヶ月半ぐらいの辛抱・・・

それにしても、電気代がハンパなく

例年よりUPしてます。

僕が、設定温度24度に設定しても、

暫くすれば、28度に設定を変えられるので、

エアコンが常にMAXで運転してます。

僕的には22度設定ぐらいで抑えたいのに・・・

今月の電気代は例年の1.5倍は覚悟しなくちゃ

いけなさそうです・・・(泣)

それでは、1月24日(水)

発電記録を報告します。

スポンサーリンク

12月の実績

12月のシミュレーション値は229kwでした。

12月の総発電量は272.90kwhで、

12月はシミュレーション値に対して、

43.90kwh プラス で終了しました。


12月の発電記録 記事一覧です。
よかったら参考にして下さい。

1月のシミュレーション値

1月のシミュレーション値は226kwhです。

1月のシミュレーション値達成まで

あと22.60kwh

1月の発電記録 記事一覧です。
よかったら参考にして下さい。

1月24日の実績

それでは、1月24日の発電量です。

発電量=11.69kwh

売電量=1.99kwh

でした。

1月24日の電気使用料

夜間の電気使用量(23時~7時)=26.15kwh

26.15kwh × 11.04円=288.696円

昼間の電気使用量(7時~23時)=23.55kwh

23.55kwh × 26.64円=627.372

計916円(916.068円)

でした。

1月の過去3年の平均電気使用料は

月約12,255円なので、1日当たりは

12,255円÷31日=約395円

395円を基準にすると

例年より521円分の電気使い過ぎです。

1月1日~24日までの実績

発電量=203.40kwh

売電量=142.38kwh

売電額=5,410.44

売電比率=70.0

・電気代削減額(発電-売電×26.64円)

1,625.573円

・経済効果(売電額+電気代削減額)

7,036.013円

・1日平均発電量=8.458kwh

・シミュレーション値達成までに必要な

1日の平均発電量=7.290kwh

・シミュレーション値達成率=116.03%

・夜の電気代=457.68kwh(5,052.787円)

・昼の電気代=347.40kwh(9,254.736円)

・電気代合計=14,307.523円(14,307円)

※実際の電気代は上記に基本使用料等が

加算されます。 割引と合わせて、

+1,400円ぐらいです。

過去3年の1月の1ヶ月平均電気使用量は

・夜の電気代=5,511円

・昼の電気代=6,743円

過去3年の12月の1ヶ月電気代最高値は

・夜の電気代最高値=5,760円(2017年)

・昼の電気代最高値=7,555円(2016年)

週間天気予報in徳島

日付 天気 降水確率
1月26日 曇り 20%
1月27日 曇り時々晴れ 30%
1月28日 曇り 40%
1月29日 曇り 40%
1月30日 曇り時々晴れ 20%
1月31日 曇り時々晴れ 40%

天気の移り変わりには十分注意して下さい。

まとめ

1月24日(水)の発電は、

日差しが弱いなりに、

晴れてくれてたので、

10kwhを超えてくれました。

が、嫁が仕事休みで、

家に滞在・・・

エアコンをガンガンにかけて、

売電が1kwhほどに・・・

せっかく、10kwh発電したのに・・・

売電1kwhって・・・

まぁ、寒いから仕方ないのですが・・・

悪いのは、この寒さが悪いって事にしときましょう。

残り1週間!!

1月は、シミュレーション値を達成できるのか?

乞うご期待!!

最後まで読んで下さり

有難うございます。

応援宜しくお願いします。

▼こちらは太陽光を導入する時にお世話になった比較サイトです▼





太陽光発電の相場や安く設置する方法を公開してます。
是非参考にして下さい。


2017年度の太陽光設置のメリット・デメリットを紹介しています。


2009年から始まった固定買取制度(FIT)が2019年で10年を迎えます。
太陽光を設置してからの10年後が明らかになるときです。
是非注目していきましょう。

2017年の発電記録まとめ記事です。

2017年メーカー別の特徴をまとめました。

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
△ポチッと応援お願いします。△

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする