2018年02月01日一覧

太陽光発電記録:H30年1月31日分

こんにちはアパッチです。

2月1日(木)今日の天気は

雪後曇りの天気です。

 

降水確率は午前中80%で、

午後から夕方までは50%の予報です。

午前9時現在は雪交じりの雨が降っています。

徳島市内は積もるような雪ではなさそうですが、

徳島の西の方・・・池田や井川辺りは、

結構雪が降ってるみたいです。

高速も徳島道池田・井川が通行止めみたいです。

 

最低気温 2℃【前日より+2℃】

最高気温 5℃【前日より-4℃】

 

今日は、前日より最高気温がグンと下がるみたいです。

日中、気温が上がらない感じですね。

インフルエンザも流行ってますので、

体調には十分気を付けて下さい。

 

それでは、1月31日(水)

発電記録を報告します。

 

12月の実績

12月のシミュレーション値は229kwでした。

 

12月の総発電量は272.90kwhで、

12月はシミュレーション値に対して、

43.90kwh プラス で終了しました。

 


12月の発電記録 記事一覧です。
よかったら参考にして下さい。

 

1月のシミュレーション値

1月のシミュレーション値は226kwhです。

 

1月のシミュレーション値は無事達成出来ました。

 

1月のシミュレーション値に対して、

45.49kwh多く発電しています。

 

1月の発電記録 記事一覧です。
よかったら参考にして下さい。

 

1月31日の実績

それでは、1月31日の発電量です。

 

 

 

発電量=12.20kwh

 

売電量=10.78kwh

 

でした。

 

1月31日の電気使用料

夜間の電気使用量(23時~7時)=18.84kwh

18.84kwh × 11.04円=207.994円

 

 

昼間の電気使用量(7時~23時)=6.31kwh

6.31kwh × 26.64円=168.098

 

 

計376円(376.092円)

でした。

 

1月の過去3年の平均電気使用料は

月約12,255円なので、1日当たりは

12,255円÷31日=約395円

395円を基準にすると

 

例年より19円分の節電です。

 

1月1日~31日までの実績

発電量=271.49kwh

 

売電量=190.68kwh

 

売電額=7,245.84

 

売電比率=70.24

 

・電気代削減額(発電-売電×26.64円)

2,152.778円

 

・経済効果(売電額+電気代削減額)

9,398.618円

 

・1日平均発電量=8.758kwh

 

・シミュレーション値達成までに必要な

1日の平均発電量=7.290kwh

 

・シミュレーション値達成率=120.13%

 

・夜の電気代=598.83kwh(6,607.771円)

・昼の電気代=428.56kwh(11,416.838円)

・電気代合計=18,024.609円(18,024円)

 

※実際の電気代は上記に基本使用料等が

加算されます。 割引と合わせて、

+1,400円ぐらいです。

 

過去3年の1月の1ヶ月平均電気使用量は

・夜の電気代=5,511円

・昼の電気代=6,743円

 

過去3年の12月の1ヶ月電気代最高値は

・夜の電気代最高値=5,760円(2017年)

・昼の電気代最高値=7,555円(2016年)

 

週間天気予報in徳島

日付 天気 降水確率
2月2日 晴れ後曇り 10%
2月3日 曇り時々晴れ 30%
2月4日 曇り時々晴れ 30%
2月5日 曇り 40%
2月6日 曇り時々晴れ 30%
2月7日 晴れ時々曇り 20%

天気の移り変わりには十分注意して下さい。

 

まとめ

1月31日(水)の発電は、

午前中は晴れていて、

順調に発電を伸ばしていたのですが、

昼過ぎから、雲が掛かりだし、

最高値には至りませんでした。

目標の274.42kwhを超える事が出来ず、

今年の1月の発電は過去最低の発電になりました。

2月は挽回してほしいものです。

乞うご期待!!

 

最後まで読んで下さり

有難うございます。

応援宜しくお願いします。

 

▼こちらは太陽光を導入する時にお世話になった比較サイトです▼





 

太陽光発電の相場や安く設置する方法を公開してます。
是非参考にして下さい。


 

2017年度の太陽光設置のメリット・デメリットを紹介しています。


 

2009年から始まった固定買取制度(FIT)が2019年で10年を迎えます。
太陽光を設置してからの10年後が明らかになるときです。
是非注目していきましょう。

 

2017年の発電記録まとめ記事です。

 

2017年メーカー別の特徴をまとめました。