2017年度太陽光発電のメリット・デメリットPart.2

新着記事

こんにちはアパッチです。

「2017年度太陽光発電のメリット・デメリット」

メリットがあれば、必ず、デメリットもあります。

①積雪により売電が減る

②発電は日照時間によりけり

③影の影響がある。

④自然災害で壊れるリスクがある。

⑤雨漏りのリスク

⑥周辺機器が壊れるかも

⑦初期費用が高い

それでは、デメリットの部分を

①から見て行きましょう。

こちらの記事ではメリットを紹介しています。

スポンサーリンク

①積雪により売電が減る

太陽光はほとんどのお宅は、屋根に設置します。

当然、雪が降れば、パネルに積もって行きます。

パネルに雪が積もると、雪が邪魔をして、

当然発電しません。

平屋に設置してるお宅は、水を掛ければ溶けたり、

屋根に上るのも頑張れば可能かと思いますが、

2階建てのお宅で屋根に登るのは、まず不可能です。

落ちて大けがするのがオチです。

雪が解けるのをひたすら待つしかないでしょうね・・・

その間が歯がゆいんです。

太陽が出てるのに発電しないんですから・・・

②発電は日照時間によりけり

太陽光は日照時間が命です。

晴れなければ、ほとんど発電しないんですから・・・

その日照時間でおおよその年間発電量を

算出する事が出来ます。

日照時間が少ない地域では、

太陽光は元が取れない可能性があるので、

注意が必要です。

③影の影響がある。

太陽光発電は太陽光に当たって発電しますが、

当然、影が出来てしまうと、発電が大幅に減る場合があります。

パネルにもよりますが、もし、少しでも影が出る恐れがあるなら、

「ソーラーフロンティア」のパネルがおススメですよ

その話は近々していきます。

④自然災害で壊れるリスクがある。

最近、記録的な豪雨や地震が発生してますが、

太陽光も災害で壊れる可能性があります。

太陽光を設置する業者も、ほとんどの業者が、

災害保険を付けていますが、10kwh未満の設置では、

ほとんどが10年の保険です。

10年後、災害が心配なら自分で保険に入る必要があります。

アパッチは、10年後も保険に入るつもりです。

だって、太陽光発電は、それ以上の金額を生んでくれるから・・・

⑤雨漏りのリスク

この問題が一番気になるところですよね!

設置業者はこの問題をクリアするのに、

ほとんどの業者が10年の保証を付けています。

一般の施工では、屋根に穴を空け、コーキングで

雨漏り対策をします。

そのコーキングがどれだけの耐久性があるかです。

10年はもつと思いますが、

それ以上はどうなるか解りません。

出来れば、屋根に穴を空けない取り付け方をしたいですが、

その分高価になります。

それと、屋根材によったら、

10年おきに塗装が必要な屋根材も・・・

塗装をするのに、パネルが邪魔になるって事で、

塗装費用も上がると思います。

一番心配な屋根材はスレート屋根ですかね?

10年~15年に1度の塗装が必要と言われてます。

逆に、塗装が必要があまりないのは、

陶器瓦やガルバニウム鋼板ですかね?

かと言って、見た目が気になれば

塗装しなくちゃいけないんですが・・・

太陽光は関係なしに、屋根材によったら、

塗装は必要です。

塗装時にコーキングを点検・補修すれば、

雨漏りのリスクは減ると思います。

⑥周辺機器が壊れるかも

太陽光発電の設備で、モジュール(パネル)自体が壊れる事は少ないのですが、

周辺機器が壊れる可能性が十分あります。

周辺機器は10年保証が付いていますが、

大体10年を超えたら壊れやすくなるみたいです。

丁度10年目で壊れてくれたら良いのですが、

そんなうまい事行かないでしょうね・・・

今は、メーカーが15年保証等の

保証延長をしてるメーカーもあります。

出来れば、保証延長が有るのなら、

延長した方が良いと思います。

一番壊れやすいのがパワコンって聞きますが、

太陽光を設置する時に

10年後の修理費に数万円~数十万円の出費は

計算に入れておいても良いかもしれません。

ちなみに、4kwのパワコン新品で約30万円です。

⑦初期費用が高い

太陽光は高価な買い物です。

とは言え、価格は年々値下がりをし、

2017年では、ほとんどが300,000円を

下回ってます。

が、ほとんどが、

100万円を超えると思われます。

貯蓄に余裕があるならいいですが、

もしもの時の備えが減るって事を

考えなければなりません。

ローンを組むって方法もありますが、

その分、支払額が多くなり、

メリットが少なくなります。

もしもの時の備えを切り崩し、

太陽光をしたとして、

まさかの事態に対応できないって言う

リスクがある事も覚えておいてください。

まとめ

太陽光を設置するに当たり、

大体のデメリットを紹介したと思います。

大げさな部分もあったかもしれません・・・

ですが、メリットよりもデメリットを承知の上で、

太陽光発電を設置すれば、

トラブルも解消できると思いますので、

是非参考にして下さい。

最後まで読んで下さり有難うございます。

これからも宜しくお願いします。

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
△ポチッと応援お願いします。△

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする