太陽光:平成29年7月12日の発電量

新着記事

こんにちは

12日の天気予報は曇り時々雨の予報でした。

実際は、曇り一時晴れって感じでしょうか・・・

雨も降らず、頑張ってくれました。

発電量も何とか15kwhは超えてくれました。

「どんどん稼いで・・・ドンドンどんどん・・・」
by金ちゃん

最近、九州で、災害が頻繁に起こっています。

先日も、鹿児島で地震・・・

北九州の雨の被害も大きく、

復旧に時間が掛かりそうです。

一日でも早い復興を願っています。

6月のシミュレーション値は398kwでした。

6月の総発電量は547.18kwhでした。

6月はシミュレーション値に対して149.18kwhのプラスでした。

▼スポンサーリンク▼

7月のシミュレーション値は494kwです。

現在7月のシミュレーション値達成まであと303.38kwhです。

それでは、7月12日の発電量です。

発電量=16.26kwh

売電量=13.32kwh

でした。

7月12日の電気使用料です。

夜間の電気使用量(23時~7時)=8.38kwh

8.38kwh × 11.04円=92.515円

昼間の電気使用量(7時~23時)=4.12kwh

4.12kwh × 31.97円=131.716円

計224円(224.231)

でした。

7月の過去3年の平均電気使用料は月約7,087円なので、

1日当たりは7,087円÷31日=228円

228円を基準にすると

4円分の節電 です。

7月1日~12日までの実績は

・発電量=190.62kwh

・売電量=147.13kwh

・売電額=5,590.94円

・売電比率=77.19%

・1日平均発電量=15.885kwh

・シミュレーション値達成までに必要な1日の平均発電量=15.935kwh

・シミュレーション値達成率=99.69%

・夜の電気代=101.01kwh(1,115.15円)

・昼の電気代=55.35kwh(1,769.54円)

・電気代合計=2,884.69円(2,884円)

※実際の電気代は上記に基本使用料等が加算されます。
割引と合わせて、+1,400円ぐらいです。

今日の天気予報は晴れ時々曇りの予報です。

現在は、日差しが弱いですが晴れてます。

久しぶりに晴れマークの天気予報を見ました。

今までの分を取り返してほしいですね。

この天気がずっと続けば良いのですが・・・

あっ、そう言えば、昨日、太陽光を設置してもらった、

業者さんから、連絡がありました。

「電気買取制度が変わるとか何とか・・・」

「申請を出し直さないと駄目みたいな・・・」

仕事中だった為、詳しくは聞けなかったのですが、

申請は、結構面倒な事を言われ、

今回は、業者さんが無償でしてくれるって言う連絡でした。

その申請をしないと、買取が出来なくなるって事だったので、

お願いしたのですが・・・

で、ちょっと、調べてみました。

すると・・・

経済産業省のホームページに

「固定価格買取制度が変わりました」と・・・

FIT法改正ってやつです。

一部を抜粋します。

改正FIT法の趣旨は何か・・・

平成29年4月1日に改正FIT法が施行されました。
これは、FIT制度開始5年で導入量は大幅に増大した一方で、
国民負担の増大や未稼働案件の増加、
地域とのトラブルが増加するなどの課題を踏まえ、
新しい認定制度を設け、
設備認定から事業計画認定とすることで、
事業の適切性や実施可能性をチェックし、
責任ある発電事業者として
再生可能エネルギーの長期安定発電を促していく趣旨です。
また、中長期の価格目標や入札制度を設けることによって、
将来の再エネ自立化に向けた仕組みも構築しています。

改正FIT法における新制度はどのようなものか・・・

大きく分けて二つあります。
一つは、平成28年度(平成29年3月31日)までに
FITの認定を受けられている方
(運転を開始している方も含む)は、
新制度へ移行するため事業計画を提出する必要があります。
もう一つは、平成29年度以降に新しく認定を受けたい方は
新規認定申請(変更認定を含む)をしていただきます。
いずれにしても、過去認定を受けられていた方も、
新しく認定を受けられた方も、
同様に改正FIT法の新しい認定基準に基づき認定されることになり、
新しい基準に従っていただくことになります。

どの事業者が事業計画を提出する必要があるのか・・・

FIT制度開始後、
平成24年7月から平成29年3月までに
FITの認定を受けられているすべての方が対象になります。
10kW未満の事業者(住宅用太陽光)も対象となりますが、
特例太陽光(余剰買取制度において認定を受けた方
(平成24年6月以前に太陽光の余剰電力買取の申込みを行った方、
設備IDが「F」で始まる方)は対象とならず、
提出する義務はありません。

事業計画の提出の期限はいつか・・・

平成28年度(平成29年3月31日)までにFITの認定を受けられている方
(運転を開始している方も含む)の新制度へ移行するため事業計画を提出期限は、 平成29年9月30日までです。

対象の方は忘れず申請して下さい。

って言うか、設置業者から連絡があると思います。

もしなかったら、設置業者に連絡すると良いと思います。

はたして、7月はシミュレーション値を達成する事が出来るのか?

乞うご期待!

まあボチボチ頑張ります。

応援宜しくお願いします。

過去の年間総発電量です。

2014年度の発電量一覧表

2015年度の発電量一覧表

2016年度の発電量一覧表

よかったら参考にして下さい。


▼こちらは太陽光を導入する時にお世話になった比較サイトです▼





▼スポンサーリンク▼

▼スポンサーリンク▼

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
▲ポチッと応援お願いします。▲

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
△ポチッと応援お願いします。△

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする